ルイ・フェルディナン (フランス王太子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・フェルディナン王太子

ルイ・フェルディナン・ド・フランス(Louis Ferdinand de France, 1729年9月4日 - 1765年12月20日)は、フランスルイ15世と王妃マリー・レクザンスカの長男。誕生とともに王太子(ドーファン)に立てられた。

1745年スペインフェリペ5世の娘で父の従妹に当たるマリー=テレーズと結婚した[1]が、妃は翌1746年に病死し、残された一人娘マリー・テレーズも夭逝した。

1747年ポーランドアウグスト3世(兼ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世)の娘マリー=ジョゼフ・ド・サクスと再婚し、三男ベリー公ルイ・オーギュスト(ルイ16世)、四男プロヴァンス伯ルイ・スタニスラス(ルイ18世)、五男アルトワ伯シャルル・フィリップ(シャルル10世)ら5男3女をもうけた。

父ルイ15世とは異なり、敬虔で厳格な人物だった。ローマ教皇クレメンス13世とともにイエズス会の保護を行った。

1765年、父ルイ15世に先立って36歳で死去した。長男ブルゴーニュ公ルイと次男アキテーヌ公グザヴィエがすでに夭逝していたため、三男ベリー公が代わって王太子に建てられ、1774年に王位を継承した。

子供[編集]

最初の妃マリー=テレーズ=ラファエル・ド・ブルボンとの間には夭逝した1女をもうけた。

  • マリー・テレーズ(1746年 - 1748年)

2番目の妃マリー=ジョゼフ・ド・サクスとの間には5男3女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ 1739年に姉ルイーズ・エリザベートがマリー・テレーズの兄フェリペと結婚しており、フランス・スペイン両王家の二重結婚になっていた。


先代:
ルイ15世
フランスのドーファン
1729年 - 1765年
次代:
ルイ16世