マリー=ジョゼフ・ド・サクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー=ジョゼフ・ド・サクス

マリー=ジョゼフ・カロリーヌ・エレオノール・フランソワーズ・ザビエ・ド・サクス: Marie-Josèphe Caroline Éléonore Françoise Xavière de Saxe, 1731年11月4日 - 1767年3月13日)は、フランス王太子ドーファンルイ・フェルディナンの二番目の妻で、ルイ16世ら兄弟の母である。

ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世(ポーランドアウグスト3世)の娘で、ドイツ語での名は、マリア・ヨーゼファ・カロリーナ・エレオノール・フランツィスカ・クサヴェリア・フォン・ポーレン及びフォン・ザクセン(: Maria Josepha Karolina Eleonore Franziska Xaveria von Polen und Sachsen)となる。

略歴[編集]

1746年、フランス王ルイ15世の長男で王太子のルイ・フェルディナンは、スペイン・ブルボン家出身の先妻マリー=テレーズ=ラファエル・ド・ブルボンと結婚後1年余りで死別した。遺児マリー・テレーズ(1746–1748)が残されたが、フランスには世継ぎがいなかったために、王太子は急いで再婚する必要があった。しかしルイ・フェルディナンは亡くなった愛する妻を悼み、再婚に消極的であった。

スペイン王フェルナンド6世は、無くなったラファエル妃の代わりに、別の妹のマリーア・アントニア王女をフランス王ルイ15世に勧めたが、これは断られた。ルイ15世の政治に強い影響力を持っていた王の寵姫ポンパドゥール夫人が、オーストリア継承戦争でザクセンとの同盟を強くしたいと考えて、ザクセン公の娘であるマリー=ジョゼフとの再婚をまとめようとしたからである。

しかしマリー=ジョゼフの祖父アウグスト2世は、正式な王の妻であるフランス王妃マリー・レクザンスカの父親スタニスワフ1世レシチニスキを退位させてポーランド王位についたという、因縁のある間柄であった。一方で、マリー=ジョゼフの姉マリア・アマリア・フォン・ザクセンは、スペインの王子カルロス(当時はシチリア王で、後のスペイン王カルロス3世)の妻であり、外交的に好ましい縁組みは、王妃の強い反対にもかかわらず進められて、1747年2月9日、マリー=ジョセフとルイ・フェルディナンは結婚した。

このような事情から、嫁と姑の関係はしばらくぎくしゃくしたが、二人は共に信仰深いという共通点もあり、国王の放蕩に馴染めないという点でも似たところがあった。王太子夫妻は、ヴェルサイユを離れて別邸で生活することが多くなった。

マリー=ジョゼフは夫ルイとの間に5男3女をもうけ、長男ブルゴーニュ公ルイとアキテーヌ公グザヴィエが夭逝したので、三男ベリー公ルイ・オーギュストが代わって王太子に立てられ、1774年にルイ16世として即位することになる。しかし王太子ルイは1765年12月20日に父王に先立って死去し、マリー=ジョゼフも2年後の1767年3月3日にヴェルサイユで死去したので、息子の結婚や即位を見ることはなかった。後にフランス革命を経て、四男プロヴァンス伯ルイ・スタニスラス(ルイ18世)、五男アルトワ伯シャルル・フィリップ(シャルル10世)も王位に就くことになる。