ジョゼ1世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
改革王ジョゼ1世

ジョゼ1世ポルトガル語José I, 1714年6月6日 - 1777年2月24日)は、ポルトガルブラガンサ王朝国王(在位:1750年 - 1777年)。全名はJosé Francisco António Inácio Norberto Agostinho de Bragançaで、「改革王」(o Reformador)と呼ばれる。ジョアン5世とその王妃マリア・アナ神聖ローマ皇帝レオポルト1世の皇女)の息子。

ジョゼの兄ペドロはわずか2歳で死去したため、ジョゼが王太子に立てられた。1729年、ジョゼはスペインフェリペ5世の王女マリアナ・ビクトリアと結婚した。マリアナは音楽と狩猟が好きだったが国務を嫌っており、他人と政治について語ることはなかった。

1750年、ジョゼは父王の死去によって35歳で王位を嗣いだ。教会やオペラに興味があったジョゼ1世はポンバル侯爵セバスティアン・デ・カルヴァーリョに国政のほとんどを委ねた。ジョゼ1世の信任の下、ポンバル侯は経済・社会・植民地政策のすべてに辣腕を振るい、ポルトガルのヨーロッパにおける地位を向上させた。1758年に彼の独裁を嫌った貴族によってジョゼ1世とポンバル侯の暗殺未遂事件が発生すると、これを口実にポンバル侯は政敵を排除して専制を強めた。さらに陰謀に加わったとしてイエズス会をポルトガルから追放し、教会が持っていた公教育の支配権と莫大な財産を奪った。

ジョゼ1世の治世の出来事では、1755年11月1日に発生し、10万人の死者を出したリスボン地震が最も有名である。地震直後、ジョゼ1世は御者のいない馬車の中で王妃と共に残されたと言う。この災厄でジョゼ1世は、壁のある部屋では落ち着けないほどの重度の閉所恐怖症となり、宮廷をアジュダの丘に設置したテントに遷した(現在のアジュダ宮殿の位置)。しかし首都リスボンはポンバル侯の指揮の下、巨額の予算を投じて再建され、中心にはジョゼ1世の騎馬像が建てられた。

リスボンにあるジョゼ1世の騎馬像

ジョゼ1世は1777年に死去し、王位は長女マリア1世と弟ペドロ3世の夫妻が嗣いだ。ポンバル侯を嫌ったマリアの即位により、その独裁も終わりを告げた。

子供[編集]

王妃マリアナ・ビクトリア・デ・ボルボーンとの間には4女が生まれた。