ルイス・フィリペ (ブラガンサ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・フィリペ
Luís Filipe
ブラガンサ=サクセ=コブルゴ・イ・ゴータ家
Luis Felipe de Portugal.jpg
ブラガンサ公ルイス・フィリペ
称号 ポルトガル王太子
ブラガンサ公
ポルトガル王
全名
出生 1887年3月21日
Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボン
死去 1908年2月1日(満20歳没)
Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボン
埋葬 Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボンサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院ブラガンサ王家霊廟ポルトガル語版
父親 カルルシュ1世
母親 アメリア・デ・オルレアンス
テンプレートを表示

ルイス・フィリペポルトガル語: Luís Filipe1887年3月21日 - 1908年2月1日)はブラガンサ朝ポルトガル国王(在位:1908年2月1日のうち約20分、後述するが、国王と見ず王太子のまま死去したとする見方も多い)。

生涯[編集]

1887年3月21日カルルシュ1世の長男としてリスボンに生まれる。母親はオルレアン家出身のアメリア王妃である。

1908年2月1日、父王カルルシュ1世や他の王族とともに馬車でコメルシオ広場付近を通りかかった時に急進共和主義者の民衆により襲撃され、父王は即死した。この時点で王位は長男であるルイス・フィリペが継承したことになるが、彼もまた襲撃された際に重傷を負い、約20分後に死亡した。すなわちこの、襲撃され負傷してから死亡するまでの約20分間が、ルイス・フィリペが王位に就いていた期間であり、2014年時点で世界一在位していた時間の短い君主である。

なお、在位期間が20分間と短い上、状況が状況であったために正式な即位式を経たわけでもないので、ルイス・フィリペを短時間ながら国王であったと見るか、王太子であり即位する前に死亡したと見るか、意見は分かれるところである。一般には国王であったと見る説が有力であり、『ギネス・ブック』にも「もっとも即位していた時間が短い」として記録されている。

ルイス・フィリペの死後、襲撃された際に負傷したものの生き残った次弟マヌエルが王位に就いた。