アフォンソ3世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファロに建てられたアフォンソ3世の像

アフォンソ3世(Afonso III、1210年5月5日 - 1279年2月16日)は、第5代ポルトガル王(在位:1248年 - 1279年)。アフォンソ2世と王妃ウラカ・デ・カスティーリャの次男で、第4代ポルトガル王サンシュ2世の弟。

1248年のアフォンソ3世の即位から1348年ペスト大流行に至るまでの100年は、ポルトガル史上重要な時代の一つに数えられている[1]。アフォンソ即位前のポルトガル王国は形式上はカスティーリャ王国と主従関係に置かれていたが、アフォンソはカスティーリャと友好的な関係を構築して従属関係を打ち消し、ポルトガルは完全な独立により近づいた[2]

生涯[編集]

即位前[編集]

1210年5月5日にアフォンソ2世とウラカの子として、首都コインブラで誕生する[3]

1227年にアフォンソはフランス王国を訪れ、ルイ9世の下でイングランドヘンリー3世と交戦した。1238年ブローニュ女伯マティルド2世と結婚し、ブローニュ伯位を得る。

アフォンソがフランスに滞在している時、ポルトガルでは兄サンシュ2世と国内の聖職者の間に衝突が起きていた[3]1245年ローマ教皇インノケンティウス4世は新たなポルトガル王を選出するよう指示し、サンシュに代わる王としてアフォンソに白羽の矢が立った[3]。同年にアフォンソはパリで聖職者と協定を結び、ポルトガルに帰国した。1246年リスボンに到着したアフォンソはポルトガル南部を拠点としてサンシュと戦うが、苦戦を強いられる[3]。だが、サンシュが頼みにしていたカスティーリャ王国の援軍は到着せず、サンシュは王位を放棄してトレドに引き上げた。サンシュは子を遺さずにトレドで没し、アフォンソはポルトガル王位を継承した[4]

即位後[編集]

即位したアフォンソは国内の支配を強化するため、ポルトガル南部に残存するイスラム教徒との戦争を開始する[3]1249年3月、イスラム教徒の飛び地となっていたアルガルヴェ東部のファロシルヴェスを陥落させ、ポルトガルのレコンキスタは完了した。レコンキスタの完了後、ポルトガルの経済は略奪中心の軍事的な経済体系から生産・交易を主とする経済体系に転換していく[5]。1252年にカスティーリャ王に即位したアルフォンソ10世とアルガルヴェの支配権を巡って争い、翌1253年にインノケンティウス4世の仲裁によって一時的にアルガルヴェの統治権をカスティーリャに譲渡することを呑んで講和した[6]1263年にポルトガル・カスティーリャ間で結ばれた協定によってアルガルヴェの支配権は2歳のアフォンソの王子ドン・ディニスに与えられ[6]1267年までにポルトガルはアルガルヴェの領有権を確保することができた[7]。アフォンソの死後に結ばれた1297年のアルカニセス条約によって、ポルトガルとカスティーリャの国境が確定する。

1253年のカスティーリャとの和平に際して、アフォンソはマティルドと離婚し、代わってアルフォンソ10世の庶出の娘ベアトリス(ベアトリーセ)と再婚した。教会はアフォンソの再婚に不快感を示したが、ポルトガル国民はベアトリスを歓迎し、女王に対する敬意を払った[3]。1263年に教皇はアフォンソの2度目の結婚を認め、このときすでにベアトリスとの間にはドン・ディニスをはじめとする3人の子が生まれていた[2]

アフォンソは民衆の支持の獲得に熱心であり、公正な裁判と保護を国民に約束した[2]。ポルトガル内における平民(第三階級)の影響力と経済力は増していき、1254年にアフォンソが開催したレイリアコルテスには、有力コンセーリョ(地域自治体)の一員として初めて平民の代表者が参加した[8]。アフォンソは貴族、僧侶の権力から都市を庇護し、都市部からの支持を強化した[3]1255年には首都をコインブラからリスボンへ移した。

1275年6月、教皇グレゴリウス10世は、かつてアフォンソがポルトガル王位の承認と引き換えに教会に誓った忠誠を持ち出して服従を要求した[3]。アフォンソは教会への服従を拒絶し、破門を宣告される。死の直前にアフォンソは教会と和解し、1279年2月16日にリスボンで没した[3]

マティルドとの間に生まれたのは夭逝した一男のみであった。アフォンソの死後、王位は後妻ベアトリスとの間の息子ディニスが継承した。

政策[編集]

アフォンソ3世の治世の全期にわたり、友人であるエステヴァン・エアネス、寵臣のジョアン・ペレス・デ・アボインが政府の重職に就いていた。長期の側近の任用は彼らの権力の濫用を助長したが、一方で行政組織の確立と運営の実践に役立った[2]

アフォンソは教皇の後ろ盾があって即位したが教会に対して盲目的な忠誠は誓わず[3]ポルト司教、エヴォラ司教を除く全ての高位聖職者と対立した[2]。教会裁判所の権限を強化しようとする教会に反発し、国王が持つ伝統的な司教叙任権の確保に腐心した[3]。先代から実施されていた王領検地(インキリサン)を再開し、多くの高位聖職者・貴族を服従させた。インキリサンによる権力の濫用、王権の侵害の調査は父アフォンソ2世時代のものよりも苛酷であり、アフォンソの在位中は貴族たちは従順な姿勢をとっていた[2]。アフォンソはサンシュの支持者たちの土地を没収し、自らの支持者たちに奪った財産を分配した[3]

アフォンソのリスボンへの遷都によってポルトガル南部の経済・文化的重要性が増した[1]。アフォンソは新都のリスボンに強い愛着を抱き、居住条件の改善、住居・商店の所有権の独占、王領地の拡大によって町を「購入」しようと試みた[1]。リスボン市民はアフォンソの試みと手法に反感を抱いたが、アフォンソは町の最大の保護者となり、町もアフォンソを常に支持した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d マルケス『ポルトガル』1、105頁
  2. ^ a b c d e f マルケス『ポルトガル』1、106頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k l グリック「アフォンソ3世」『世界伝記大事典 世界編』1巻、141-142頁
  4. ^ マルケス『ポルトガル』1、49頁
  5. ^ 金七『ポルトガル史』増補新版、55頁
  6. ^ a b マルケス『ポルトガル』1、72頁
  7. ^ 合田「ポルトガルの誕生」『スペイン・ポルトガル史』、363-365頁
  8. ^ 金七『ポルトガル史』増補新版、52頁

参考文献[編集]

  • 金七紀男『ポルトガル史』増補新版(彩流社, 2010年9月)
  • 合田昌史「ポルトガルの誕生」『スペイン・ポルトガル史』収録(立石博高編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2000年6月)
  • トマス.F.グリック「アフォンソ3世」『世界伝記大事典 世界編』1巻収録(桑原武夫編, ほるぷ出版, 1980年12月)
  • A.H.デ・オリヴェイラ・マルケス『ポルトガル』1(金七紀男訳, 世界の教科書=歴史, ほるぷ出版, 1981年11月)