ファロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Faro
FaroArch.jpg
Pt-far1.png FAR.png
LocalFaro.svg
所属する県 ファーロ県
面積 201.6 km²
人口 58,305(基礎自治体全体)人
人口密度 289人/km²
所属する教区数 6
自治体首長 {{{presidente}}}
住民呼称 {{{gentílico}}}
都市の休日 9月7日

ファロまたはファーロFaro 発音: [ˈfaɾu])は、ポルトガル南部の都市及び基礎自治体。アルガルヴェ地方ファーロ県の県都。

自然[編集]

ファロとフォルモーザ潟
水に囲まれたファロ市街

およそ170平方kmの自然保護区、フォルモーザ潟と隣り合っている。春と秋の渡りの季節になると、潟は100種を数える多様な鳥類の休憩地となる。砂浜は市からおよそ7kmに渡って続き、橋を通ってたどり着ける長い砂嘴からなっている。

歴史[編集]

フォルモーザ潟が新石器時代から先史時代後半まで人類の定住をひきつけてきた。ローマ帝国時代に占領され重要な都市に成長した定住地オソノーバ(Ossonoba)は、歴史家によれば現在のファロの前身だという。3世紀以降の西ゴート王国時代、ここにはキリスト教の司教座が置かれていた。

8世紀のムーア人支配の到来で、オソノーバはイベリア半島南西端における最重要の町としての地位を保持した。9世紀、短期間だがイスラムの太守国の首都となり、防御用の壁で町が囲まれた。この時点で、サンタ・マリーアという名がオソノーバの代わりに使われ始めた。後に町はハルーン(Harun、地元イスラム教徒の首領にちなむ)として知られるようになり、現在のファロの名となった。500年間のイスラム教徒支配の間、ファロのユダヤ人住民の一部が旧約聖書の複写を書いた。ファロの歴史的な名前の一つはアラビア語でأخشونبةであった。イスラム勢力は1272年、ポルトガル王アフォンソ3世軍によって敗退させられた。シルヴェスの都市としての重要性が衰えると、ファロがアルガルヴェ一帯の行政の役割を担った。

1596年、エセックス伯ロバート・デヴァルーがファロの町を略奪し、ファロ司教の図書館を奪った。この時奪われた書物は後にオックスフォード大学へ寄贈され、バドリアン図書館の一部となった。

1577年、ラゴスがアルガルヴェの中心地となり、1756年までその地位にあった。その1年前の1755年に、リスボン地震によってラゴスの町の大半が破壊された。地震はアルガルヴェの数カ所に被害を与え、津波が海抜の低い場所にあった沿岸の要塞群を取り壊し、家々を倒壊させた。フォルモサ潟の砂岸で守られていたファロを除くアルガルヴェ沿岸の町村ほぼ全てが、ひどい被害を受けた。この時から、ファロはアルガルヴェの行政中心地となって今に至っている。

都市機能[編集]

ファロ国際空港、海港、マリーナ、鉄道、バス、タクシーといった公共交通が充実している。プロサッカークラブSCファレンセがホームとしている、エスタディオ・アルガルヴェがある。高等教育機関として、公立のアルガルヴェ大学がある。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]