タンジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンジェ
طنجة
Tangier
モロッコの旗
Tangiermorocconasa.jpg
タンジェの衛星画像
Wilaya de Tanger.gif Blason.commune.tanger.png
市旗 市章
位置
Tangier-Tétouan地域の位置の位置図
Tangier-Tétouan地域の位置
座標 : 北緯35度46分 西経5度48分 / 北緯35.767度 西経5.800度 / 35.767; -5.800
行政
モロッコの旗 モロッコ
 地域 Tangier-Tétouan
 州 Tangeri-Assilah
 市 タンジェ
市長 Samir Abdelmoula
地理
面積  
  市域 199.5km2
標高 80m
人口
人口 (2004年現在)
  市域 669,680人
その他
等時帯 西ヨーロッパ時間UTC+0
夏時間 西ヨーロッパ夏時間UTC+1
郵便番号 90000

タンジェベルベル語: Tanja, アラビア語: طنجةṭanǧah, フランス語: Tanger, スペイン語: Tánger タンヘル, ポルトガル語: Tânger タンジェル, 英語: Tangier)は、モロッコ北部にある都市。人口は、約67万人(2004年)。ジブラルタル海峡に面した港町で、スペインジブラルタルなどから多くフェリーが行き来し、国際都市として栄えている。タンジールの表記も見られる。

歴史[編集]

フェニキア人によって設けられた交易拠点が起源となる。ローマ帝国ヴァンダル王国東ローマ帝国の支配を経てイスラム教勢力によって征服された。キリスト教徒によるレコンキスタ(再征服運動)の進展にともない、1415年にはアフリカ北岸のセウタポルトガル領に組み込まれ、タンジールも15世紀後半にはポルトガル領となった。17世紀後半、ポルトガル王女カタリナイングランドチャールズ2世の結婚による持参金代わりに一時的にイギリス領になったが、その後モロッコのイスラーム王朝によって征服された。

帝国主義の時代になると、モロッコがフランスドイツの角逐の場となり、1905年にはフランスのモロッコ支配を阻止しようとするドイツ皇帝ヴィルヘルム2世がタンジールに上陸した。このタンジール事件(第一次モロッコ事件)は翌1906年アルヘシラス会議で妥協が図られたが最終的な決着はつかず、1911年のアガディール事件(第二次モロッコ事件)を経て、モロッコはフランスにより保護国化され、タンジールは国際管理地域とされた。タンジールの国際管理化は第一次世界大戦での中断を経て、1923年12月18日パリ会議でフランス、スペインイギリスの三国による条約が締結され、同年6月24日より開始された。後に条約にイタリアポルトガルベルギーオランダアメリカソビエト連邦も加入した。

第二次世界大戦勃発後の1940年6月14日、スペイン軍はタンジールに侵攻し、一方的併合を宣言した。しかし世界大戦終結から半月後の1945年8月31日、タンジールは国際管理地域に復帰した。1956年10月、条約加盟各国はタンジールの国際管理終結を決定。1956年12月31日をもって国際管理は終わり、タンジールはモロッコに復帰した。復帰に当たり、1960年4月18日までの期限付きで為替や貿易に関する特別措置が採られている。

交通[編集]

市内南部にはONCFの鉄道駅(Tanger Ville駅)が、南西15kmのところにはイブン・バットゥータ国際空港がある。また、市内のフェリー乗り場からは、アルヘシーラスなど向かうフェリーが出ている。

タンジェ出身の著名人[編集]

多文化な国際都市であることから、1930年代ごろから著名人や富裕層が集まるリゾート地として人気を集め、ポール・ボウルズテネシー・ウィリアムズウィリアム・バローズアレン・ギンズバーグジャック・ケルアックローリングストーンズジョージ・オーウェルといった文化人や、バーバラ・ハットンら世界のミリオネラーが別荘を所有し、滞在した。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

中心街の広場