ジョアン2世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョアン2世
João II
ポルトガル王
JoaoII-P.jpg
在位 1481年8月29日1495年10月25日
出生 1455年3月3日
PortugueseFlag1385.svgポルトガル王国リスボン
 サン・ジョルジェ城
死去 1495年10月25日
埋葬  
レイリア県バターリャバターリャ修道院
配偶者 レオノール・デ・ヴィゼウ
子女 アフォンソ
ジョルジェ
王家 アヴィス家
王朝 アヴィス朝
父親 アフォンソ5世
母親 イザベル・デ・コインブラ
テンプレートを表示

ジョアン2世João II, 1455年3月3日 - 1495年10月25日)は、アヴィス王朝ポルトガル(在位:1481年 - 1495年)。アフォンソ5世と最初の王妃イザベル・デ・コインブラの子。「無欠王」(O Príncipe Perfeito)と称される。

事跡[編集]

父王の時代から摂政の地位にあり、1481年に即位する。即位後は強力な中央集権化を目指し、コルテス(身分制議会)の援助を得て貴族階級を弾圧した。1483年には、国土の3分の1を支配してポルトガルで権力をほしいままにしていた上、カスティーリャ王国と内通していた又従兄のブラガンサ公フェルナンド2世を滅ぼした。1471年に結婚した王妃レオノール・デ・ヴィゼウの兄で、ジョアンの従兄に当たるヴィゼウディオゴも、謀反に加わっていたため同年に殺された。

エンリケ航海王子アフリカ西海岸開拓事業を継承して、1484年コンゴ河口、1488年には喜望峰に到達する。クリストファー・コロンブスの航海事業には協力しなかったため、大西洋開拓ではスペインに遅れをとった。

従妹でもある王妃レオノールとの間の2男のうち、次男ジョアンは夭逝した。長男アフォンソ王太子は1490年、カスティーリャ=アラゴン王女イサベルカトリック両王の娘)とエヴォラで結婚したが、翌1491年に王太子は落馬事故で死去し、王太子妃イサベルは故国へ戻った。

王の血を引くのは庶出の男子ジョルジェ(1481年 - 1550年)しかいなかったが、王妃レオノールに嫌われており、後継者に指名できなかった。結局、王妃の勧めに従い、彼女の弟で従弟に当たるベージャマヌエルを王太子に指名した。

1495年、41歳で死去した。精力的で覇気に溢れた名君として高く評価されている。

関連項目[編集]

先代:
ジョアナ
(ジョアン2世の姉)
Príncipe de Portugal
1455年 - 1481年
次代:
アフォンソ
(ジョアン2世の長男)