サンシュ2世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SanchoII-P.jpg

サンシュ2世(Sancho II, 1207年9月8日 - 1248年11月4日)は、第4代ポルトガル(在位:1223年 - 1248年)。アフォンソ2世と王妃ウラカ・デ・カスティーリャの長男。

1238年、アレンテージョ全土とアルガルヴェの東部海岸を征服した。一方で王権の強化を目指したが、教会と貴族の間の紛争に巻き込まれ、内政を乱す結果となった。これを理由に、高位聖職者たちはローマ教皇インノケンティウス4世に王の廃位を申請した。1245年、教皇はアフォンソ1世の「封建申請書」と国土寄進をたてに教勅書を出し、王位を王弟アフォンソに譲ることを命じた。王はトレドに亡命し、死去した。

忠誠を尽くした城主[編集]

コインブラ城主マルティン・デ・フレイタスは、新王アフォンソ3世が前王を追い出す形で即位したことを好まず、自分の城に立てこもった。アフォンソ3世は、忠誠を誓わないマルティンのコインブラを包囲した。サンシュ2世が死去するまで1年4ヶ月、マルティンは包囲を耐えた。前王の死去の知らせを聞くと、マルティンはアフォンソ3世の許可を得てトレドへ向かった。サンシュ2世の棺を開けてもらい、コインブラの城の鍵を遺骸の手に握らせた後、あらためて鍵を受け取った。帰国してマルティンは、アフォンソ3世に鍵を手渡した。サンシュ2世の手から鍵を渡すという、正規の手続きを踏むことにこだわった彼の行為に感動した王は、マルティンをそのままコインブラ城主にとどめようとしたが、彼は固辞して受けなかった。

参考文献[編集]

  • 安部眞穏「波瀾万丈のポルトガル史」泰流社刊