ペドロ5世 (ポルトガル王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペドロ5世
Pedro V
ポルトガルおよびアルガルヴェ国王
Don Pedro V.jpg
ペドロ5世(1860年)
在位 1853年11月15日 - 1861年11月11日
別号 有望王
全名 Pedro de Alcântara Maria Fernando Miguel Rafael Gonzaga Xavier João António Leopoldo Victor Francisco de Assis Júlio Amélio
ペドロ・デ・アルカンタラ・マリア・フェルナンド・ミゲル・ラファエル・ゴンザガ・シャヴィエル・ジョアン・アントニオ・レオポルド・ヴィクトル・フランシスコ・デ・アシス・ジュリオ・アメリオ
出生 1837年9月16日
Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボンネセシダーデス宮殿
死去 1861年11月11日(満24歳没)
Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボンネセシダーデス宮殿
埋葬 Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボンサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院ブラガンサ王家霊廟
配偶者 エステファニア・デ・オーエンゾレルン=シグマリンジェン
王家 ブラガンサ=サクセ=コブルゴ・イ・ゴータ家
王朝 ブラガンサ=サクセ=コブルゴ・イ・ゴータ朝
父親 フェルナンド2世
母親 マリア2世
宗教 キリスト教カトリック教会
サイン Signature Peter V of Portugal.png
テンプレートを表示

ペドロ5世ポルトガル語: Pedro V1837年9月16日 - 1861年11月11日)は、ポルトガル国王(在位:1853年11月15日 - 1861年11月11日)。「有望王(o Esperançoso)」と呼ばれる。マリア2世とその王配で共治国王だったフェルナンド2世の長男。

1968年に発行された1000エスクード紙幣に肖像が採用されていた。

生涯[編集]

1853年、母王マリア2世の死去を受けて王位に即いた。ペドロ5世は父フェルナンド2世の後見のもと極めて熱心にポルトガルのインフラストラクチャーの近代化に取り組み、道路電信鉄道の整備や公衆衛生の改善に務めた。しかしペドロ5世自身はこの恩恵に与ることはできなかった。コレラに罹り、1861年に四弟のフェルナンドとともにわずか24歳で死去した。王妃のエステファニアホーエンツォレルン=ジグマリンゲンカール・アントンの娘)との間に子供はおらず、王位は次弟のルイス1世が嗣いだ。

関連項目[編集]