アルフォンソ8世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンソ8世。
アルフォンソ8世の像。

アルフォンソ8世(Alfonso VIII, 1155年11月11日 - 1214年10月5日)は、カスティーリャ(在位:1158年 - 1214年)。高貴王(el de las Navas)と呼ばれる。サンチョ3世の子で、母はナバラ王ガルシア6世の娘ブランカ

幼少で即位したため、治世前半は内紛に苦しめられたが、アラゴン王国と同盟関係を結ぶことでその窮地を脱した。

治世後半はムワッヒド朝に対するレコンキスタ(領土回復運動)に尽力する。1195年、アルフォンソ8世は軍を率いてムワッヒド朝と戦ったが、同朝のアミールヤアクーブ・マンスールの前にアラルコスの戦いで大敗してしまった。しかも同年、その敗戦につけこんだ従弟のレオン王アルフォンソ9世の攻撃を受けたが、これは何とか撃退している。

1198年、名君と謳われたマンスールが病死し、暗愚のムハンマド・ナースィルが後を継ぐと、アルフォンソ8世はムワッヒド朝に対してレコンキスタで優位に立った。そして1212年ラス・ナバス・デ・トローサの戦いアラゴン王ペドロ2世、ナバラ王サンチョ7世と協力してナースィルに大勝し、イスラム勢力に対するレコンキスタの優位を確立したのである。内政においても、1208年パレンシアスペイン初となる大学を建立している(パレンシア大学)。1214年の死後、ブルゴスサンタ・マリア・デ・ラス・ウエルガス王立修道院に埋葬された。王位は末子のエンリケ1世が継いだ。

子女[編集]

王妃はイングランド国王ヘンリー2世アリエノール・ダキテーヌの次女レオノール。2人の間に12人の子が生まれ、4人の娘はアラゴン、レオン、ポルトガル、フランスへ嫁いだ。

三女ブランカはフランス王ルイ9世の母であり、長女のベレンゲラはカスティーリャ王フェルナンド3世の母であるため、両王は共にアルフォンス8世の孫で、互いに従兄弟の関係である。

麗人と呼ばれた愛妾[編集]

後に曾孫のアルフォンソ10世の記した「アルフォンソ10世年代記」によれば、アルフォンソ8世はユダヤ人宰相イエフダの娘ラケルを愛妾とし、トレドの王宮で7年間ともに暮らし、国政も顧みなかったという。ラケルは「麗人(ラ・フォルモーサ)」と歌人に謳われた美女であったが、王の不在中、父子共々ユダヤ人蔑視の民衆により虐殺された。王がユダヤ人を重用するのを危ぶんだ王妃レオノールと貴族達が仕向けたと言われている。王は彼女の死を嘆いたが、首謀者達を処罰する事ができなかった。