フェルナンド2世 (ブラガンサ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェルナンド2世Fernando II, Duque de Bragança, 1430年 - 1483年6月22日 エヴォラ)は、ポルトガルの貴族、第3代ブラガンサ公

第2代ブラガンサ公フェルナンド1世とその妻ジョアナ・デ・カストロ(1410年頃 - 1470年)の間の長男として生まれた。フェルナンドは従叔父にあたるポルトガル王アフォンソ5世に深く信頼されており、国王のモロッコ遠征にはいつも随行していた。アフォンソ5世は忠誠の見返りとして、1464年にフェルナンドをギマランイス伯爵位を与え、1475年にはギマランイス公爵Duque de Guimarães)に陞爵させた。フェルナンドは1478年、父の死と同時に、イベリア半島で最も裕福かつ権勢を誇る貴族家門、ブラガンサ公爵家の家督を継いだ。

アフォンソ5世はカスティーリャエンリケ4世の一人娘フアナ・ラ・ベルトラネーハを2番目の妻に迎え、イサベル1世女王の陣営との間で第二次カスティーリャ戦争を引き起こしたが、フェルナンドはトロの戦いにおいて、王妃フアナの警護責任者を務めた。

ところが1481年、ジョアン2世が王位を継ぐと情勢が変わった。ジョアン2世は王権の強化を目指し、父王を支えてきた国内の大貴族層を滅ぼすことを決意した。大貴族の筆頭だったフェルナンドは真っ先に標的となり、1483年に謀反の罪を着せられてエヴォラで処刑された。翌1484年には、義弟のヴィゼウ公ディオゴも同様の罪を着せられ処刑されている。ブラガンサ公爵家は所領を没収され、カスティーリャに亡命することを余儀なくされた。

子女[編集]

1447年に初代ヴィラ・レアル侯爵ペドロ・デ・メネゼスの娘レオノール(1452年没)と結婚したが、子供のないまま死別した。1472年にヴィゼウ公フェルナンド王子の娘で又従妹にあたるイザベル(1459年 - 1521年)と再婚し、間に6人の子供をもうけた。

  • フィリペ(1475年 - 1483年) - ギマランイス公
  • マルガリーダ(1477年頃 - 1483年)
  • ジャイメ1世(1479年 - 1532年) - ブラガンサ公
  • ディニス(1481年 - 1516年) - レモス伯
  • アフォンソ(1482年 - ?)
  • カタリナ(1483年生、夭折)

参考文献[編集]

  • Nobreza de Portugal e do Brasil” – Vol. II, page 440/442. Published by Zairol Lda., Lisbon 1989.
先代:
(ギマランイス伯から陞爵)
ギマランイス公
1475年 - 1483年
次代:
ジャイメ1世
先代:
フェルナンド1世
ブラガンサ公
1478年 - 1483年
次代:
ジャイメ1世