レオノール・デ・ヴィゼウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオノール王妃
ベージャにあるレオノール王妃像

レオノール・デ・ヴィゼウLeonor de Viseu, 1458年5月2日 - 1525年11月17日)は、ポルトガルジョアン2世の王妃。

ヴィゼウフェルナンドアフォンソ5世の弟)と妃ベアトリスドゥアルテ1世の弟ジョアンの娘)の長女として、ベージャで生まれた。

1471年1月、当時王太子だった従兄ジョアンと結婚、2子をもうけたが、成人したのは1人だった。

  • アフォンソ(1475年 - 1491年)
  • ジョアン(1483年、夭折)

王妃となってから、カルダシュ・ダ・ライーニャ(現在のレイリア県の都市で「王妃の温泉」の意味)の町を建設した。1491年、王太子アフォンソが落馬によって急死した。王太子妃イザベルカトリック両王の長女)との間には子がなく、未亡人となったイザベルはカスティーリャへ帰国した。

ジョアン2世は、愛妾アナ・デ・メンドンサ(アフォンソ5世の後妻フアナ・ラ・ベルトラネーハ王妃の女官)との間に庶子ジョルジェ(1481年 - 1550年)がおり、ジョルジェを後継としたい意向だった。ジョアン2世には兄弟がないため、嫡出の血統をさかのぼると、ヴィゼウ公フェルナンドの次男でレオノールの弟、ベージャ公マヌエルが最も近く年長だった。レオノールの強い働きかけの結果、後継に指名されたのはマヌエルで、ジョアン2世の死後マヌエル1世として即位し、元王太子妃イサベルを自らの妃に迎えた。

マヌエル1世と2番目の妃マリア(イサベルの妹)との間の息子ジョアン3世の即位後の1525年に死去した。

先代:
マヌエル1世
Princesa de Portugal
1495年 - 1498年
次代:
ブラガンサ公ジャイメ1世
先代:
ミゲル・ダ・パス
Princesa de Portugal
1500年 - 1502年
次代:
ジョアン3世