マリア・デ・アラゴン・イ・カスティーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・デ・トラスタマラ

マリア・デ・アラゴーン・イ・カスティーリャ(María de Aragón y Castilla)またはマリア・デ・トラスタマラ(María de Trastámara:いずれもスペイン語名 1482年6月29日 - 1517年3月7日)は、ポルトガルマヌエル1世の2度目の王妃。

アラゴンフェルナンド2世カスティーリャ女王イサベル1世の三女(第4子)として生まれた。マヌエルの先妻はマリアの長姉イサベルであったが、1498年に死別し、1500年にマリアと再婚した。マリアは10子を生んだが、王に先だって1517年に病死した。翌1518年、マヌエルはイサベルおよびマリアの姪レオノール(マリアの次姉フアナ女王の娘)と3度目の結婚をした。

子女[編集]