オレシニツァ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エールス公国
Herzogtum Oels (de)
Olešnické knížectví (cs)
Księstwo Oleśnickie (pl)
グウォグフ公国 1313年 - 1884年 プロイセン王国
オレシニツァ公国の国章
(国章)
首都 オレシニツァ
オレシニツァ公
1313年 - 1321年 ボレスワフ
1803年 - 1884年 ヴィルヘルム
変遷
グウォグフ公国から分立 1313年
ボヘミア王冠領の属領 1328年
プロイセン王国の属領 1742年
プロイセン王国による併合 1884年
オレシニツァ公国の地図、1720年頃
オレシニツァ城

オレシニツァ公国またはエールス公国ラテン語: Ducatus Olsnensisドイツ語: Herzogtum Oelsチェコ語: Olešnické knížectvíポーランド語: Księstwo Oleśnickie)は、シロンスク公国群を構成していた公国の一つ。首都は現在のポーランドオレシニツァにあった。

歴史[編集]

オレシニツァ一帯は当初ヴロツワフ公国に属していたが、グウォグフヘンリク3世レグニツァ=ヴロツワフ公ヘンリク5世の紛争の後、1294年にグウォグフ公国に併合された。ヘンリク3世が1309年に死ぬと、グウォグフ公国の分割に伴ってオレシニツァは大幅な自治権を獲得し、1313年にはヘンリク3世の3男ボレスワフがこの地に公国を創設した。ボレスワフが1321年に死ぬと、公国はその兄コンラト1世に受け継がれた。

コンラト1世は一族のポーランド王ヴワディスワフ1世の圧迫から逃れるためボヘミア王冠の元に庇護を求め、1328年ボヘミア王ヨハン・フォン・ルクセンブルクに臣従の礼をとった。シロンスク・ピャスト家の流れをくむオレシニツァ公家は1492年コンラト10世の死により断絶した。ボヘミアの先王イジー・ス・ポジェブラトの息子インジフ1世が当主のいなくなったオレシニツァ公国を獲得し、1495年にはボヘミア王ヴラジスラフに同国の領有を認めさせた。

ポジェブラト家も1647年には断絶し、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世は同公国を、ポジェブラト家最後の公カレル・ベジフの娘と結婚したヴュルテンベルク家出身のヴュルテンベルク=ユリウスブルク公ジルフィウス1世ニムロートに与えた。公国は長くボヘミア王冠の属領であったが、シュレージエン戦争の結果、1742年プロイセン王国に征服された。しかしヴュルテンベルク家の公爵達は領主として同国を領有し続け、1792年に公国はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯カール1世の息子の一人フリードリヒ・アウグストに相続された。

1815年からオレシニツァ公国(当時はエールス公国)はブラウンシュヴァイク公国同君連合を結成、同国最後の統治者ヴィルヘルム1884年に死ぬまでこの関係は続いた。

オレシニツァ公[編集]

シロンスク・ピャスト家
ポジェブラト家
ヴュルテンベルク家
ブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン家