シュレージエン戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュレージエン境界と現在の国境図。青がオーストリア時代の境界、黄色がプロイセン時代におけるシュレージエン州の境界。

シュレージエン戦争Schlesische Kriege)は、18世紀中ごろにヨーロッパで行われた戦争であるオーストリア継承戦争七年戦争のうち、オーストリアプロイセンシュレージエン地方の帰属を巡って戦った局地的戦役の総称である。文脈によっては二つの戦争の別称として使われていることもある。英語読みでシレジア戦争Silesian Wars)という。

1740年にプロイセンのフリードリヒ大王が、マリア・テレジアの即位に伴って各国がオーストリアを攻撃する形勢であったのに乗じ、シュレージエンの獲得を目指して同地に侵攻したのが始まりである。オーストリア継承戦争中、講和を挟んで2度争い、オーストリアは敗北してシュレージエンを割譲した。その後七年戦争でオーストリアはシュレージエンの奪還を目指したものの、敗れて講和しプロイセンのシュレージエン領有が確定した(後にプロイセン領シュレージエン地方英語版1815年 - 1919年)。

このときオーストリアに残された領域をオーストリア領シュレージエン英語版といい、後のチェコ領スレスコ英語版となった。

シュレージエン侵攻の理由[編集]

フリードリヒ2世
マリア・テレジア

シュレージエンはもともと複数の諸公領からなり、ホーエンツォレルン家はそれらのうちイェーゲルンドルフ公領オッペルン公領ラティボル公領16世紀から17世紀にかけて統治していた。このうち後の2公領は、ホーエンツォレルン家のシュレージエンにおける勢力拡大を嫌った神聖ローマ皇帝フェルディナント1世の干渉のため手放したものの、イェーゲルンドルフ公領はホーエンツォレルン家の世襲領として保たれた。しかし三十年戦争の結果、プロテスタント側であったイェーゲルンドルフ公ヨハン・ゲオルクは皇帝フェルディナント2世に領地を取り上げられ、ホーエンツォレルン家はシュレージエンにおける領地を一度喪失した。

またこれとは別にホーエンツォレルン家は、リーグニッツ公領ブリーク公領ウォーラウ公領の3公領について継承権を持っていた。これはリーグニッツ公フリードリヒ2世ブランデンブルク選帝侯ヨアヒム2世との間に結ばれた相続協定によるものであったが、この取り決めをフェルディナント1世は承認せず無効としていた。3公領の最後の所有者であったシュレージエン系ピャスト家ゲオルク・ヴィルヘルムが死去したとき、皇帝レオポルト1世は大王の曾祖父フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯の相続を認めず、3公領をベーメン王国に接収した。このときレオポルト1世は代わりにシュヴィーブスを与えて大選帝侯をなだめることにしたが、結局は後にシュヴィーブスを取り戻したので、大選帝侯の後を継いだフリードリヒ1世は3公領に対する請求権を放棄しなかった。

このようにプロイセンには一応、シュレージエンの少なくない領域について自国のものと主張することのできる根拠があったわけであるが、継承権の主張を取り下げていた時期も長く、正当性は微妙だった。しかし戦争を仕掛けるにはそれで十分であった。

そもそもプロイセンがシュレージエンについての権利の主張を再開したのは、大王の父フリードリヒ・ヴィルヘルム1世時代のことであって、そのきっかけとなったのは、皇帝カール6世が、プロイセンが主張していたライン川両岸にあるユーリヒ公領ベルク公領の継承権について、プロイセンがオーストリアの国事勅書を承認するのと引き換えに認めると約束しておきながら、いざとなるとフランスの後援を得たプファルツ家の主張を容れてプロイセンの主張を取り下げさせたことである。フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は、オーストリアに約束の履行を求め、プファルツ選帝侯領となったユーリヒ=ベルク公領がだめなら代わりにと、シュレージエン3公領への主張を復活させた。

経済的にはシュレージエンという土地は鉱業が盛んで、手工業が発達し、人口も多く豊かな土地であった。当時のプロイセン全体の人口が250万人であったが、シュレージエン1州で150万の人口があった。シュレージエンを得ることができればプロイセンの国力を大いに高めることができる上に、オーストリアの国力を大幅に低下させて積年の恨みを晴らすことも出来たのである。地理的にはシュレージエンはプロイセンにとって死活的に重要なオーデル川上流を有し、一方で自然障害となる山地がベーメンメーレンとの間にそびえている。シュレージエンを有せばザクセンポーランドを分断し、しかもザクセンを北と東から包囲しうる。また加えてシュレージエンはプロテスタントの多い土地であった。

そして、当時のオーストリアの軍隊は、オーストリア・ロシア・トルコ戦争英語版1735年 - 1739年)で疲弊して戦力を大幅に低下させているだけでなく、その大半が依然としてハンガリーに駐留したままだったのである。シュレージエンの防衛兵力は乏しく、プロイセンの戦力をもってすれば制圧は容易であった。

戦争[編集]

シュレージエン人の歓迎を受けるフリードリヒ2世、ブレスラウ、1741年(ヴィルヘルム・カンプハウゼン作、1944年)

シュレージエン戦争は第一次、第二次、第三次の3回に区分される。このうち第一次、第二次がオーストリア継承戦争、第三次が七年戦争で戦われた。第三次についてはシュレージエンの争奪が戦争の大きな焦点の一つになったため、多方面に戦役を抱えていたオーストリア継承戦争のときと比べると七年戦争と区別して語られることはあまりない。

第一次シュレージエン戦争

フリードリヒ大王は1740年冬、マリア・テレジアにシュレージエンの割譲を求めて同地に侵攻した。マリア・テレジアはこれを拒否して抗戦しようとするが、四面楚歌の状況にあったため、滅亡を回避するためには割譲に応じて敵の数を減らすしかなかった。

第二次シュレージエン戦争

オーストリアは危機を乗り切り、かえってフランスに対し攻勢に出た。これに危機感を持った大王はベーメンに侵攻するが撃退される。シュレージエン奪回を狙うオーストリアの前に一旦は不利な情勢となったプロイセンだったが、その後連勝を続けてオーストリアを下し、シュレージエン割譲を再び認めさせた。

七年戦争(第三次シュレージエン戦争)

シュレージエン奪回を諦めないマリア・テレジアは、外交革命によりプロイセンを戦略的に追い込む。戦争不可避を悟った大王は先制攻撃をかけた。七年にわたる攻防で、プロイセンは幾度も会戦で勝利を得るものの、戦略的には劣勢であった。しかしロシアの政変による同盟離脱からオーストリアは跳ね返されて体力を使い果たし、シュレージエンを取り戻すことはできなかった。

影響[編集]

七年戦争が終わったとき、ヨーロッパには列強としてのプロイセンが確固として存在していた。そしてプロイセンが列強の一角に喰い込むことが出来たのは、シュレージエンを得たからであった。これ以降、ヨーロッパ近代史には新たなプレイヤーとしてプロイセンが登場し、ドイツ帝国に発展する。

ドイツにおいてシュレージエン戦争は、以後百年続く普墺角逐の長い始まりであった。ドイツ史は以後オーストリアとプロイセンという二大勢力の存在を軸に展開する。

参考資料[編集]

  • 村岡晢『フリードリヒ大王 啓蒙専制君主とドイツ』(清水書院、1984年)
  • 飯塚信雄『フリードリヒ大王 啓蒙君主のペンと剣』(中公新書、1993年)
  • S.フィッシャー=ファビアン 著\尾崎賢治 訳『人はいかにして王となるか』Ⅰ、Ⅱ(日本工業新聞社、1981年)
  • 林健太郎、堀米雇三 編『世界の戦史6 ルイ十四世とフリードリヒ大王』(人物往来社、1966年)
  • 伊藤政之助『世界戦争史6』(戦争史刊行会、1939年)
  • 久保田正志『ハプスブルク家かく戦えり ヨーロッパ軍事史の一断面』(錦正社、2001年)
  • 歴史群像グラフィック戦史シリーズ『戦略戦術兵器辞典3 ヨーロッパ近代編』 (学習研究社、1995年)
  • 有坂純 著「戦史分析 七年戦争」『歴史群像』N0.64 (学習研究社、2008年)
  • en:Silesian Wars (20:00, 7 March 2009 UTC)