ヴュルテンベルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルツハウゼン城 (de) の庭園の門扉に掲げられたヴュルテンベルク家の紋章

ヴュルテンベルク家ドイツ語:Haus Württemberg)は、南ドイツのヴュルテンベルク地方を支配していた諸侯の家系。

歴史[編集]

一族の起源は1080年頃とされ、当時は「ヴィルテンベルク家(Wirtemberg)」と呼ばれていた先祖たちはシュトゥットガルト出身であった。先祖は通婚関係によって有力貴族ボイテルスバッハ家の相続人となり、ヴィルテンベルク城 (enを建設した。およそ13世紀前半ころにヴュルテンベルク家の人々は伯爵の地位を獲得した。一族の家領は始め城の周辺のみであったが、テュービンゲン地方の零落した貴族家門から領地を買い上げることによって、絶えまなく拡大を続けた。

1495年のヴォルムス帝国会議 (de) において、エーバーハルト5世伯 (en神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世によって公爵に昇叙された。1534年から1537年にかけ、公爵ウルリヒ (enは領内に宗教改革を導入し、ヴュルテンベルクは神聖ローマ帝国における主要なプロテスタント領邦の一つとなった。またこれにより、ヴュルテンベルク公は福音派の領邦教会の首長を兼ねることになった。

18世紀になるとプロテスタント信仰を守ってきたヴュルテンベルク本家の男系が絶え、カトリック信徒のカール・アレクサンダー (enがヴュルテンベルクの新しい統治者となった。カトリック信徒の公爵たちは領邦教会の管理権を、ヴュルテンベルクの有力貴族家門で構成される教会参事会に委ねることを余儀なくされた。1797年にプロテスタント信徒の公爵フリードリヒ3世(後の初代国王フリードリヒ1世)が即位すると同時に、領邦教会の管理権は再び公爵に戻った。

ナポレオン・ボナパルトがドイツの旧来の政治体制を崩壊させていく中で、公爵フリードリヒ3世は1803年に選帝侯の地位を獲得し、また近隣の領邦の世俗化と陪臣化が進む中で、大幅な領土拡大に成功した。1806年1月1日、選帝侯フリードリヒはヴュルテンベルク王となってヴュルテンベルク王国を創設、王国の領土をさらに拡大していった。

国王ヴィルヘルム1世は1828年に新たな家内法を公布し、この中で王族の権利と義務について規定し、王族同士の対等結婚によって生まれた男子による直系男系長子相続制による王位継承の原則を明示した。

第1次世界大戦終結直後、ドイツ帝国の各構成国で君主制が廃止されていく中で、ヴュルテンベルク王ヴィルヘルム2世はドイツ諸国の君主としては最も遅い1918年11月30日に退位宣言を出し、「ヴュルテンベルク公(Herzog von Württemberg)」を名乗った。ヴィルヘルム2世が1921年に亡くなると、一族の財産および名目上の王位請求権は、19世紀に枝分かれしたカトリック信徒の分家に相続された。ヴィルヘルム2世の後継者であるアルブレヒト公は、1919年よりラーフェンスブルク (en近郊のアルツハウゼン城 (de) を元国王より居城として与えられていた。アルツハウゼン城は現在のヴュルテンベルク家家長の居城でもある。

1918年以後のヴュルテンベルク家家長[編集]

1918年以前のヴュルテンベルクの統治者については、ヴュルテンベルク君主一覧を参照のこと。

名前 在位
ヴィルヘルム2世 1918年 - 1921年
アルブレヒト 1921年 - 1939年
フィリップ・アルブレヒト 1939年 - 1975年
カール 1975年 - 現在


系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルリヒ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルリヒ2世
 
エーバーハルト1世
 
マルガレーテ
(ロレーヌ公フェリー3世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグネス
=ヴェルデンベルク伯ハインリヒ3世
 
ウルリヒ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーバーハルト2世
 
ウルリヒ4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリーザベト
(神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世娘)
 
ウルリヒ
(1342-1388)
 
ゾフィー
=ロレーヌ公ジャン1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントーニア
(ミラノ僭主ベルナボ・ヴィスコンティ娘)
 
エーバーハルト3世
(1364-1417)
 
エリーザベト
(ニュルンベルク城伯ヨハン3世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーバーハルト4世
 
アンリエット
モンベリアル女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メヒティルト
(ファルツ選帝侯ルートヴィヒ3世娘)
 
ルートヴィヒ1世
(ca.1412-1450)
 
 
 
 
 
ウルリヒ5世
(1412-1480)
 
エリーザベト
(バイエルン公ハインリヒ16世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルートヴィヒ2世
 
エーバーハルト1世
 
 
 
 
 
エーバーハルト2世
 
ハインリヒ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルリヒ6世
 
 
 
 
 
 
 
ゲオルク1世
(1498-1558)
 
バルバラ
(ヘッセン方伯フィリップ1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリストフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ1世
メンペルガルト公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルートヴィヒ
 
ヨハン・フリードリヒ
 
ルートヴィヒ・フリードリヒ
 
 
 
 
 
ユリウス・フリードリヒ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーバーハルト3世
 
フリードリヒ
 
ジビッレ
 
レオポルト・フリードリヒ
 
ゲオルク2世
 
ローデリッヒ
 
ジルフィウス1世
 
マンフレート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム・ルートヴィヒ
 
フリードリヒ・カール
 
フリードリヒ・アウグスト
(1654-1716)
 
カール・ルドルフ
 
 
 
 
 
レオポルト・エーバーハルト
(1670-1723)
 
ジルフィウス2世
 
クリスティアン・ウルリヒ1世
 
フリードリヒ・フェルディナント
(1654-1705)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーバーハルト・ルートヴィヒ
 
カール・アレクサンダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール・フリードリヒ
 
クリスティアン・ウルリヒ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・ルートヴィヒ
 
カール・オイゲン
 
ルートヴィヒ・オイゲン
 
フリードリヒ2世オイゲン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール・クリスティアン・エルドマン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ1世
 
 
 
 
 
 
 
ルートヴィヒ
 
 
 
 
 
 
 
オイゲン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム
 
アレクサンダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム1世
 
 
 
パウル
 
アダム
 
アレクサンダー
 
 
 
オイゲン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パウル・ヴィルヘルム
 
ヴィルヘルム1世
ウラッハ公
 
アレクサンダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール1世
 
カタリーナ
 
フリードリヒ
 
 
 
 
 
フランツ
テック公
 
 
 
オイゲン
 
ヴィルヘルム
 
 
 
 
 
 
マクシミリアン
(1828-1888)
 
ミンダウカス2世
リトアニア王
 
フィリップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム2世
 
アドルファス
ケンブリッジ侯
 
アリス・オブ・オールバニ
 
アレグザンダー
アスローン伯
 
オイゲン
 
ヴィルヘルミーネ
 
ニコラウス
 
 
 
 
 
ウラッハ公
 
アルブレヒト
王嗣
 
ローベルト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ
ケンブリッジ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ・アルブレヒト
 
 
 
 
 
アルブレヒト・オイゲン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルートヴィヒ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール
 
フェルディナント・オイゲン
 
オイゲン・エーバーハルト
 
アレクサンダー・オイゲン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリストフ
 
フリードリヒ
 
エーバーハルト
 
フィリップ
 
ミヒャエル
凡例

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 下津清太郎 編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1982年
  • Jiri Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little, Brown & Company, 1981.
  • Max Miller, Gerhard Taddey, Handbuch der historischen Stätten: Baden-Württemberg, Alfred Kröner Verlag, 1980.