ルイ4世アンリ (コンデ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンデ公およびブルボン公ルイ・アンリ

ルイ4世アンリ・ド・ブルボン=コンデ(Louis IV Henri de Bourbon-Condé)またはルイ・アンリ・ジョゼフ・ド・ブルボン=コンデ(Louis Henri Joseph de Bourbon-Condé, 1692年8月18日 - 1740年1月27日)は、フランスの貴族、政治家。第7代コンデ公。一般に「ブルボン公」(Duc de Bourbon)の称号で知られ、同時代人には「公爵」(Monsieur le Duc)と呼ばれた。アンギャン公(duc d'Enghien)、ギーズ公(duc de Guise)、ベレガルド公(duc de Bellegarde)、サンクレール伯(comte de Sancerre)の諸称号も保持していた。

ブルボン家の支流ブルボン=コンデ家の総帥として、死去する1740年まで宮廷で重きを成した。ルイ15世の幼少時、摂政会議議長を務め、摂政オルレアン公フィリップ2世の死後、1723年宰相となった。しかしルイ14世以来の財政問題に直面し、財政再建に失敗したため人気を失い、1726年に辞任した。

生涯[編集]

1692年8月18日、コンデ公ルイ3世ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボンルイ14世モンテスパン夫人との間に生まれた非嫡出子)の第7子(夭折を免れた子の中では最年長)としてヴェルサイユに生まれる。コンデ公ルイ2世(大コンデ)の曾孫に当たる。1715年にルイ14世が逝去し、曾孫ルイ15世が即位するが、まだ5歳であったので、摂政にルイ14世の甥に当たるオルレアン公フィリップ2世が就任する。1723年にオルレアン公が死去すると、摂政会議議長であったブルボン公は宰相首相Premier Ministre、プルミエール・ミニストル)となる。

子女[編集]

1713年7月9日コンティ公フランソワ・ルイと父方の叔母マリー=テレーズの娘で従姉であるマリー・アンヌ・ド・ブルボン(Marie-Anne de Bourbon, 1689年 - 1720年)と結婚するが、2人の間には子供が生まれなかった。なお、ルイ・アンリの妹ルイーズ・エリザベートが同時期にマリー・アンヌの弟コンティ公ルイ・アルマン2世と結婚している。

1728年7月23日、ヘッセン=ローテンブルク辺境伯エルンスト2世レオポルトの娘カロリーヌ(1714年 - 1741年)と2度目の結婚をする。2人の間には一子ルイ・ジョゼフ(1736年 - 1818年)が生まれた。ルイ・ジョゼフは第8代コンデ公となり、フランス革命戦争でブルボン=コンデ家を率いることとなる。

先代:
ルイ3世
コンデ公
1710年 - 1740年
次代:
ルイ5世ジョゼフ
先代:
ルイ1世
アンギャン公
1710年 - 1740年
次代:
ルイ3世ジョゼフ