ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボン

ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボン(Louise Françoise de Bourbon, 1673年6月1日 - 1743年6月16日)は、コンデ公ルイ3世の妻。独身の頃はマドモワゼル・ド・ナント(Mademoiselle de Nantes, ナント令嬢)と呼ばれていた。

フランスルイ14世と愛妾モンテスパン夫人の庶子として、トゥルネーで生まれた。母は子供たちを生みっぱなしであったため、代わりにマントノン夫人の元で育てられた。1685年5月24日、ブルボン家傍系コンデ公の嗣子ルイと結婚した。コンデ公家は、王の庶子が降嫁されたことを喜んだと言うが、彼女にとっては不幸な結婚となった。夫ルイには、父のコンデ公アンリ3世と同じく遺伝性の精神病が受け継がれており、彼は暴力をふるう冷酷な人物だったからである。その一方で知的な面もあり、ルイ15世が最初に任命した宰相でもあった。

ルイーズ・フランソワーズは美しく、開けっぴろげで扇情的で、その辛辣な気性を恐れられた。同母妹のオルレアン公爵夫人フランソワーズと、どちらの娘がベリー公シャルルの妻となるか競争したことで知られる。子供たちに母親として影響を与えたかと言えばそうでもなく、娘たちの幾人かは信心深い女性に育ったが、コンデ家の遺伝性の病も同じように受け継いだ。

ルイーズの美しい像が、ブルボン宮殿に建てられている。

子女[編集]

  • マリー・アンヌ・ガブリエル(1690年 - 1766年)
  • ルイ4世アンリ(1692年 - 1740年) - ブルボン公、コンデ公。ルイ15世時代に首相となる。
  • ルイーズ・エリザベート(1693年 - 1775年)
  • ルイーズ・アンヌ(1695年 - 1758年)
  • マリー・アンヌ(1697年 - 1741年)
  • シャルル(1700年 - 1760年)- シャロレー伯
  • エリザベート・アレクサンドリーヌ(1701年 - 1765年)
  • アンリエット・ルイーズ(1703年 - 1772年)
  • ルイ(1709年 - 1771年) - クレルモン伯