ルイ・ド・ブルボン=コンデ (クレルモン伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレルモン伯ルイ
クレルモン伯ルイ

ルイ・ド・ブルボン=コンデ: Louis de Bourbon-Conde, 1709年6月15日 - 1771年6月16日)は、ブルボン朝期のフランス貴族。クレルモン伯(comte de Clermont-en-Argonne)。

コンデ公ルイ3世ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボンの第9子として生まれる。ルイ15世の青年期の摂政として絶大な権力を振るったブルボン公ルイ・アンリ(コンデ公ルイ4世アンリ)の弟、フランス革命戦争でコンデ軍を率いることになるコンデ公ルイ5世ジョゼフの叔父にあたる。

軍人で、スービーズ元帥からは「優秀な将校」と評価されているが、本人はぐうたらな生活の方が性に合っていたようである。1760年代にサン・ジェルマン・デ・プレ教会座主となるが、放蕩の限りを尽くした。


前任:
クロード・グロー・ド・ボーズ
アカデミー・フランセーズ
席次34

第5代:1753年 - 1771年
後任:
ピエール=ローラン・ビュワレット・ド・ベロワ