トゥルネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルネー

トゥルネー(Tournai, オランダ語:Doornik)は、ベルギーワロン地域エノー州の市。面積213.75平方キロ、人口67,341人(2004年1月)。ベルギー最古の町であり、フランク王国初代のクロヴィス1世が生まれた地であるため、フランス揺籃の地とも言われる。世界遺産も2件登録されている。フランス国境に近い。

歴史[編集]

2000年前にローマ帝国の兵営都市として建設され、5世紀フランク人サリ部族が占領、その都となった。クロヴィス1世はこの町で生まれ、父王シルデリクの墓が1653年に発掘されている。6世紀にはフランク王国の都市として司教座が設置された。

11世紀にはフランドル伯が占領して城塞を築いたが、その後カペー朝フランスに臣従している。やがてブルゴーニュ公国の支配下からスペイン・ハプスブルク朝の支配に移った。イングランドに支配されたこともある。

15世紀から16世紀にはタペストリー生産が黄金時代を迎えた。1667年ネーデルラント継承戦争でフランス王国が占領したが、スペイン継承戦争ではオーストリア軍が奪回し、オーストリア領となる。18世紀には陶磁器の生産で栄えた。

フランス革命戦争時に再びフランスが占領し、その後成立したオランダ王国の一部となったが、1830年ベルギー王国成立によりベルギー領となった。第一次世界大戦ではドイツ軍に占領され、大戦末期に連合軍との間で戦場となっている。第二次世界大戦では1940年5月にドイツ空軍の大空襲を受け、再びドイツに占領された。

観光[編集]

交通[編集]

出身人物[編集]

外部リンク[編集]