エルンスト2世レオポルト (ヘッセン=ローテンブルク方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト2世レオポルトErnst II. Leopold von Hessen-Rotenburg, 1684年6月15日ランゲンシュヴァルバッハ - 1749年11月29日ローテンブルク)は、ヘッセン=ローテンブルク方伯(在位:1725年 - 1749年)。ヘッセン=ローテンブルク方伯ヴィルヘルム1世とその妻のエレオノーレ・フォン・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローヒェフォルトの間の第8子、長男。

1725年に父が死ぬと、ヘッセン=カッセル方伯領の分封領「ローテンブルガー・クヴァルト(Rotenburger Quart)」のローテンブルク地域を相続した。ヘッセン=ローテンブルク方伯家の当主だった間に、エルンスト2世レオポルトはブルーメンシュタイン(Blumenstein)にヴィルデックの狩猟用城館を建設した。また、1739年には領地内にユダヤ教徒のための学校と墓地を建設することを認可し、ローテンブルクのユダヤ人共同体の形成を基礎を作った。エルンスト2世レオポルトは、宗主であり本家のヘッセン=カッセル方伯家やローテンブルガー・クヴァルトの等族達とは概ね良好な関係を保ったが、保守的なクヴァルトの官吏とは対立していた。

子女[編集]

1704年に母方の親族にあたるレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ロシュフォール侯マクシミリアン・カールの娘エレオノーレと結婚し、間に4男6女の10人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Hans-Günter Kittelmann: Kleiner Führer durch die Rotenburger Quart 1627–1834 und das Fürstenhaus Hessen-Rotenburg. Geschichtsverein Altkreis Rotenburg, ISBN 3-00-010155-1.
  • Mitteilungen des Vereins für Hessische Geschichte und Landeskunde e.V. Kassel. ISSN 0176-3121.
先代:
ヴィルヘルム1世
ヘッセン=ローテンブルク方伯
1725年 - 1749年
次代:
コンスタンティン