ポリッセナ・ダッシア=ローテンブルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルデーニャ王妃ポリクセナ

ポリッセナ・クリスティーナ・ダッシア=ローテンブルグ(Polissena Cristina d'Assia-Rotenburg、1706年9月21日 - 1735年1月13日)は、サルデーニャカルロ・エマヌエーレ3世の2度目の妃。ドイツ語ポリクセナ・フォン・ヘッセン=ローテンブルク=ラインフェルス(Polyxena von Hessen-Rotenburg-Rheinfels)。

ヘッセン=ローテンブルク辺境伯エルンスト2世レオポルトとその妻エレオノーレ・ツー・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ロシュフォールの間の長女として、ランゲンシュヴァルバッハ(現バート・シュヴァルバッハヘッセン州)で生まれる。1724年、トルンでカルロ・エマヌエーレと結婚、6子をもうけた。

  • ヴィットーリオ・アメデーオ3世(1726年 - 1796年)
  • エレオノーラ(1728年 - 1781年)
  • マリア・ルイーザ・ガブリエラ(1729年 - 1767年)
  • マリア・フェリーチタ(1730年 - 1801年)
  • エマヌエーレ・フィリベルト(1731年 - 1735年) - アオスタ公
  • カルロ・フランチェスコ(1733年、夭折)

ポリッセナは1735年に急死し、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ聖堂へ埋葬された。1786年、トリノスペルガ大聖堂へ移葬された。