ヴィットーリオ・アメデーオ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィットーリオ・アメデーオ3世
Vittorio Amedeo III
サルデーニャ王
Vittorio Amedeo III di Savoia.jpg
ヴィットーリオ・アメデーオ3世の肖像画
在位 サルデーニャ王
1773年2月20日 - 1796年10月16日
別号 サヴォイア公
全名 Vittorio Amedeo Maria di Savoia
ヴィットーリオ・アメデーオ・マリーア・デ・サヴォイア
出生 1726年5月24日
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国 トリノ
死去 1796年10月16日(満70歳没)
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国 トリノ
王太子 カルロ・エマヌエーレ4世
配偶者 マリーア・アントニア・ディ・スパーニャ
父親 カルロ・エマヌエーレ3世
母親 ポリッセナ・ダッシア=ローテンブルグ
テンプレートを表示

ヴィットーリオ・アメデーオ3世イタリア語:Vittorio Amedeo III、1726年5月24日 - 1796年10月16日)は、サルデーニャ王国の第3代国王(在位:1773年 - 1796年)。カルロ・エマヌエーレ3世と、2度目の妃ポリッセナの子。

生涯[編集]

ヴィットーリオ・アメデーオ3世

1726年トリノで生まれ、即位するまでは「サヴォイア公」という称号だった。1773年に父が亡くなると王位についた。

フランス革命が勃発すると、1791年に亡命してきたアデライード王女とヴィクトワール王女を保護した。第一次対仏大同盟にも参加したが、モンテノッテの戦い英語版ミッレージモの戦い英語版モンドヴィの戦い英語版などで連敗し、パリ条約を結ばされて同盟から脱落した。同年に病没し、後を長子のカルロ・エマヌエーレ4世が継いだ。

家族[編集]

1750年に、スペインフェリペ5世と後妻エリザベッタ・ファルネーゼの娘マリーア・アントニア(1729年 - 1785年)と結婚し、以下の子供をもうけた。

  1. カルロ・エマヌエーレ4世(1751年 - 1819年)
  2. マリーア・エリザベッタ(Maria Elisabetta Carlotta, 1752年 - 1753年)
  3. マリーア・ジュゼッピーナ・ルイーザ(Maria Giuseppina Luisa, 1753年 ― 1810) フランス王ルイ18世と結婚(夫の即位前に死去)。
  4. アメデーオ・アレッサンドロ(Amedeo Alessandro, 1754年 - 1755年) モンフェッラート公。
  5. マリーア・テレーザ(Maria Teresa, 1756年 - 1805年) フランス王シャルル10世と結婚(夫の即位前に死去)。
  6. マリー・アンナ(Marie Anna, 1757年 - 1824) 叔父シャブレー公ベネデット(it, 1741年 - 1808)と結婚。
  7. ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世(1759年 - 1824年)
  8. マリーア・クリスティーナ・ジュゼッピーナ(Maria Cristina Giuseppina, 1760年 - 1768年)
  9. マウリツィオ・ジュゼッペ・マリーア(Maurizio Giuseppe Maria, 1762年 - 1799年) モンフェッラート公。
  10. マリーア・カロリーナ・アントニエッタ(Maria Carolina Antonietta, 1764年 - 1782年) ザクセン王アントンと結婚(夫の即位前に死去)。
  11. カルロ・フェリーチェ(1765年 - 1831年)
  12. ジュゼッペ・ベネデット(Giuseppe Benedetto, 1766年 - 1802年) モリアーナ伯( - 1796年)、アスティ伯(1796年 - 1802年)