コンスタンティン (ヘッセン=ローテンブルク方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンティンKonstantin von Hessen-Rotenburg, 1716年5月24日ローテンブルク - 1778年12月30日、ヴィルデック城)は、ヘッセン=ローテンブルク方伯(在位:1749年 - 1778年)。ヘッセン=ローテンブルク方伯エルンスト2世レオポルトとその妻のエレオノーレ・ツー・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ロシュフォールの間の4男として生まれ、兄達の早世により後継者となった。

1755年、分家筋のヘッセン=ヴァンフリート=ラインフェルス方伯クリスティアンが後継者のないまま死ぬと、1648年以来長く分裂状態にあったヘッセン=カッセル方伯領の分封領「ローテンブルガー・クヴァルト(Rotenburger Quart)」を統合した。

子女[編集]

1745年、オーストリア貴族のシュタルヘンベルク伯爵夫人マリア・エーファ・ゾフィアと結婚した。ゾフィーはナッサウ=ジーゲン侯ヴィルヘルム・ヒアツィントの未亡人だった。夫妻は5男6女の11人の子女をもうけたが、ゾフィーは1773年に亡くなった。

  • カール・エマヌエル(1746年 - 1812年) - ヘッセン=ローテンブルク方伯
  • クレメンティーネ(1747年 - 1813年)
  • マリア・ヘートヴィヒ(1748年 - 1801年) - 1766年、ブイヨン公爵ジャック=レオポール・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュと結婚
  • アロイス(1749年)
  • クリスティアン(1750年 - 1782年)
  • カール・コンスタンティン(1752年 - 1821年) 
  • マリア・アントイネッテ(1753年 - 1823年)
  • ヴィルヘルミーネ(1755年 - 1816年)
  • レオポルディーネ(1756年 - 1761年)
  • エルンスト(1758年 - 1784年)
  • フリーデリケ(1760年)

1775年にフランス貴族のジャンヌ・ド・ボンベル伯爵夫人と再婚したが、間に子供は出来なかった。

先代:
エルンスト2世レオポルト
ヘッセン=ローテンブルク方伯
1749年 - 1778年
次代:
カール・エマヌエル