ギーズ公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギース公の紋章

ギーズ公ギュイーズ公ギュイズ公Duc de Guise 発音[gɥiz][1])はフランス貴族称号ユグノー戦争ではカトリック側の中心勢力として、プロテスタントに対抗した。

1520年ロレーヌ公ルネ2世の次男でフランス内領地の相続人クロードパリ高等法院にギーズ伯領を与えられ、1528年にギーズ公の称号を得た。クロードの娘マリー(メアリ・オブ・ギーズ)はスコットランドジェームズ5世に嫁ぎ、その間に生まれたスコットランド女王メアリーが王太子、後のフランス王フランソワ2世と結婚(1558年)したことで、ギーズ家は宮廷内に地位を築いた。フランス史上、ユグノー戦争でカトリック勢力の中心になったフランソワアンリ1世父子が有名。

1688年にギーズ家は断絶、ギーズ公の称号はブルボン家の分家であるブルボン=コンデ家ブルボン=オルレアン家に与えられた。

シャトノワ=ヴォーデモン=ギーズ家[編集]

ブルボン=コンデ家[編集]

ブルボン=オルレアン家[編集]

  • アンリ(1847年) - フランス王ルイ・フィリップの5男・オマール公アンリ・ドルレアンの次男
  • フランソワ・ポール(1852年) - アンリの弟
  • フランソワ・ルイ(1854年 - 1872年) - フランソワ・ポールの弟
  • ジャン(1874年 - 1940年) - フランス王ルイ・フィリップの曾孫、アンリ・ドルレアンの又甥

脚注[編集]