ギーズ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギーズ家の紋章

ギーズ家ギュイーズ家ギュイズ家: Maison de Guise [mɛzɔ̃ də gɥiz]: House of Guise [haus əv giːz])は、近世フランスの貴族の家系。16世紀ユグノー戦争に大きな影響をおよぼした。

歴史[編集]

ギーズ家はロレーヌ公国の君主家門ロレーヌ家の分家で、ロレーヌ公ルネ2世の次男であるギーズ公クロード(1496年 - 1550年)を祖とする。クロードはフランソワ1世王に仕えてフランスの公爵位を授けられた。ギーズ家は公爵位のみならず、独立国家の王侯家(ロレーヌ公家)の成員に授けられるプランス・エトランジェPrince étranger)の地位を有し、フランス宮廷において非常に高い序列に位置していた。クロードの長女マリー(1515年 - 1560年)はスコットランドジェームズ5世の王妃となり、スコットランド女王メアリーの母となった。クロードの長男ギーズ公フランソワは、1558年にイングランド最後の大陸領カレーを奪還したことで軍事的英雄として名声を高めた。クロードの三男シャルルランス大司教および枢機卿にまで登った。

1558年、王太子フランソワ(後のフランソワ2世王)はスコットランド女王メアリーと結婚した。翌1559年にフランソワ2世が即位すると、ギーズ公フランソワと枢機卿シャルルは王妃の叔父として、その短い治世の間にフランスの国政を主導した。ギーズ家の国政壟断は、ユグノーブルボン家によるギーズ家排除を狙ったアンボワーズ陰謀事件英語版を引き起こした。1560年にはカトリック勢力がユグノー勢力に勝利し、ギーズ家はアンボワーズ陰謀事件の参加者に苛烈な処罰を加えた。フランソワ2世の死後、ギーズ家一門はこぞって摂政王太后カトリーヌ・ド・メディシスの宗教寛容政策に反対し、このことがユグノー戦争の勃発につながった。

ギーズ公フランソワは1562年のドルーの戦いでユグノーを撃破するのに貢献したが、翌1563年に暗殺された。ギーズ公爵位を継いだ長男アンリ(1550年 - 1588年)はサン・バルテルミの虐殺で重要な役割を演じ、またカトリック同盟を組織した。1584年に王位の推定相続人だった王弟アンジュー公フランソワが死去すると、ユグノー勢力の首領ナバラ王アンリ(後のフランス王アンリ4世)が次の推定相続人となった。この事態はアンリ3世王、ナバラ王アンリおよびギーズ公アンリの間でフランスの支配権をめぐる新たな内戦、いわゆる三アンリの戦い英語版を誘発した。ギーズ公アンリはプロテスタントのナバラ王をフランス王位から排除すべく内戦を開始し、強力なカトリック同盟の指導者として、アンリ3世をも凌駕する権力を持つようになっていた。ギーズ公アンリは非常に野心的な性格で、1588年には国王に対する反乱を扇動し、パリ市の支配権を掌握して事実上の「パリの王」となった。

アンリ3世はギーズ家と見せかけの和解を成立させた後、1558年12月にギーズ公アンリとその弟の枢機卿ルイ(1555年 - 1588年)をブロワ城におびき寄せて暗殺した。カトリック同盟の指導者の地位は、ギーズ公アンリの次弟マイエンヌ公シャルル(1554年 - 1611年)に移った。カトリック同盟はマイエンヌ公の甥のギーズ公シャルル(1571年 - 1640年)を、スペインフェリペ2世の娘イサベル・クララ・エウヘニア(フランス王アンリ2世の孫娘)と結婚させて、フランス王に擁立する計画を立てた。しかしその後、カトリック同盟は敗退し、マイエンヌ公はアンリ4世王と和平を結んだ。カトリック同盟は1596年1月の講和締結によって解消した。

これ以後、ギーズ一族のフランス国政における地位は凋落の一途を辿り、嫡系にあたるギーズ公爵家は1688年に断絶した。ギーズ公爵家の莫大な資産と数多の称号の相続は、多くの近親者たちの間で争われた。ギーズ公爵位はブルボン=コンデ家に渡った後、オルレアン家が相続した。ギーズ家の諸分家のうち、エルブフ公爵家の系統のみが1688年以後もフランス貴族として続いたが、1825年には男系が絶えた。

系図[編集]

ギーズ公家、マイエンヌ公家[編集]

 
 
 
 
ジャン1世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル2世
ロレーヌ公
 
フェリー1世
ヴォーデモン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルネ・ダンジュー
ナポリ王
ロレーヌ公
 
イザベル
ロレーヌ女公
 
アントワーヌ
ヴォーデモン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン2世・ダンジュー
ロレーヌ公
 
ヨランド・ダンジュー
ロレーヌ女公
 
フェリー2世
ヴォーデモン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニコラ・ダンジュー
ロレーヌ公
 
 
 
ルネ2世
ロレーヌ公
ギーズ伯
ヴォーデモン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントワーヌ
ロレーヌ公
 
クロード
ギーズ公
 
ジャン
メス司教
 
ルイ
ヴォーデモン伯
 
フランソワ
ランベスク伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ5世
スコットランド王
 
マリー
 
フランソワ
ギーズ公
 
シャルル
ランス大司教
 
クロード2世
オマール公
 
ルイ
枢機卿
 
ルネ
エルブフ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メアリー1世
スコットランド女王
 
フランソワ2世
フランス王
 
アンリ1世
ギーズ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル
マイエンヌ公
 
ルイ
ランス大司教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ・ド・ブルボン=モンパンシエ
 
アンリエット・カトリーヌ
ジョワイユーズ女公
 
シャルル1世
ギーズ公
 
ルイ
ランス大司教
 
クロード
シュヴルーズ公
 
アンリ
マイエンヌ公
 
カトリーヌ
 
シャルル・ド・ゴンザーグ=ヌヴェール
マントヴァ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー・ド・ブルボン=モンパンシエ
 
ガストン
オルレアン公
 
アンリ2世
ギーズ公
 
 
マリー
ギーズ女公
 
ルイ
ジョワイユーズ公
 
シャルル・ド・ゴンザーグ=ヌヴェール
マイエンヌ公
 
マリー・ルイーズ・ド・ゴンザーグ=ヌヴェール
ポーランド王妃
 
 
アンヌ・ド・ゴンザーグ・ド・クレーヴ
 
エドゥアルト・フォン・デア・プファルツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンヌ・マリー・ルイーズ・ドルレアン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ・ジョゼフ
ギーズ公
 
 
 
 
 
 
 
アンリ・ジュール・ド・ブルボン=コンデ
ギーズ公
 
アンヌ・ド・バヴィエール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ・ジョゼフ
ギーズ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オマール公家、エルブフ公家[編集]

クロード
ギーズ公
オマール公
エルブフ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ
ギーズ公
 
クロード2世
オマール公
 
 
 
 
 
ルネ
エルブフ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル
オマール公
 
マリー
 
シャルル1世
エルブフ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ・ド・サヴォワ
ヌムール公
オマール公
 
アンヌ
オマール女公
 
 
 
 
 
シャルル2世
エルブフ公
 
 
 
 
 
アンリ
アルクール伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ・ド・サヴォワ
ヌムール公
オマール公
 
シャルル・アメデ・ド・サヴォワ
ヌムール公
オマール公
 
シャルル3世
エルブフ公
 
フランソワ・ルイ
アルクール伯
 
フランソワ・マリー
ジョワイユーズ公
 
ルイ
アルマニャック伯
 
フィリップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ
エルブフ公
 
エマニュエル・モーリス
エルブフ公
 
アルフォンス・アンリ
アルクール伯
 
シャルル・フランソワ
ジョワイユーズ公
 
アンリ
ブリオンヌ伯
 
マリー
 
アントワーヌ
モナコ公
 
シャルル
アルマニャック伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
 
シャルル
 
 
 
 
 
ジョゼフ
アルクール伯
 
 
 
 
 
ルイ
ランベスク公
 
 
 
ルイーズ・イポリット
モナコ女公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ
 
 
 
 
 
ルイ
ブリオンヌ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル・ウジェーヌ
エルブフ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

外部リンク[編集]