アンリ (エルブフ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンリ・ド・ギーズ=ロレーヌHenri de Guise-Lorraine, duc d'Elbeuf, 1661年8月7日 パリ - 1748年5月17日 エルブフ)は、フランスの貴族、エルブフ公爵

エルブフ公シャルル3世とその2番目の妻でテュレンヌ大元帥の姪にあたるエリザベート・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュの間の息子として生まれた。2人の兄が早世したため父の跡取りとしてリルボンヌ公(prince de Lillebonne)、エルブフ公(prince d'Elbeuf)の称号を帯びた[1]。1677年1月28日にサン=ジェルマン=アン=レーにおいて、モルトマール公爵ルイ・ヴィクトルの娘シャルロット・ド・ロシュシュアール(Charlotte de Rochechouart, 1660年 - 1729年)と結婚した。妻はモンテスパン侯爵夫人の姪であった。夫妻の間に生まれた2人の息子がいずれもスペイン継承戦争戦死したため、エルブフ公爵家の家督は弟のエマニュエル・モーリスが継いだ。

子女[編集]

  • フィリップ(1678年 - 1705年) - スペイン継承戦争で戦死
  • アルマンド・シャルロット(1683年 - 1701年) - エルブフ姫(Mademoiselle d'Elboeuf
  • シャルル(1685年 - 1705年) - スペイン継承戦争で戦死

脚注[編集]

  1. ^ Velde, François. “The Rank/Title of Prince in France, French Heraldry and Related Topics”. Genealogics .org. 2010年3月1日閲覧。