カルロ・ゴンザーガ=ネヴェルス (1609-1631)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイエンヌ公シャルル/カルロ、マテウス・メーリアン制作の版画

カルロ・ゴンザーガ=ネヴェルスまたはシャルル・ド・ゴンザーグ=ヌヴェール:Carlo Gonzaga-Nevers:Charles de Gonzague-Nevers, 1609年 - 1631年8月30日)は、イタリアのマントヴァ公爵家の世継ぎ公子。また、フランスマイエンヌ公爵及びエギュイヨン公爵(在位:1621年 - 1631年)。ゴンザーガ家の傍系であるヌヴェール公シャルル(カルロ1世)とその妻でギーズ家のマイエンヌ公シャルルの娘であるカトリーヌの間の次男として生まれた。

本家のマントヴァ公ヴィンチェンツォ2世に嫡子が無いため、その死後はヌヴェール公爵家がマントヴァとモンフェッラートの2つの公爵領を受け継ぐことになった。シャルルは1627年、ヴィンチェンツォ2世の姪であるマリーアと結婚し、父と自分のマントヴァ公爵位の継承権をより確実なものとした。ところが神聖ローマ皇帝フェルディナント2世はマントヴァを親仏派のヌヴェール公爵家が継ぐことを好まず、ゴンザーガ家の別の分家であるグアスタッラ公爵家の当主チェーザレ2世を対立後継者に推したため、マントヴァ継承戦争が勃発した。

1631年、カヴリアーナで父に先立って早世したため、マントヴァを統治することは無かった。

子女[編集]