フランチェスコ4世・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マントヴァ公フランチェスコ4世

フランチェスコ4世・ゴンザーガFrancesco IV Gonzaga, 1586年5月7日 マントヴァ - 1612年12月22日 マントヴァ)は、イタリアマントヴァ公およびモンフェッラート公(在位1612年)。

マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世とその2番目の妻でトスカーナ大公フランチェスコ1世の娘であるエレオノーラ・デ・メディチの間の第1子、長男として生まれた。1612年2月に死去した父の後を継いだが、10カ月後に26歳の若さで死去した。存命の男子が無かったため、弟の枢機卿フェルディナンドが還俗して家督を継いだ。

1608年2月19日にトリノにおいて、サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ1世の娘マルゲリータと結婚し、間に3人の子女をもうけた。

  • マリーア(1609年 - 1660年) - 1627年、マイエンヌ公シャルルと結婚
  • ルイジ(1611年 - 1612年)
  • エレオノーラ(1612年)

外部リンク[編集]

先代:
ヴィンチェンツォ1世
マントヴァ公
モンフェッラート公
(モンフェッラート公としてはフランチェスコ2世
1612年
次代:
フェルディナンド1世