ヴィンチェンツォ1世・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世
マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世

ヴィンチェンツォ1世・ゴンザーガ(Vincenzo I Gonzaga, 1562年9月21日 - 1612年2月9日)は、マントヴァ公。モンフェッラート公としてもヴィンチェンツォ1世である。

グリエルモ・ゴンザーガと妃エレオノーラ(皇帝フェルディナント1世の娘)の長子として生まれた。

芸術・科学の偉大な庇護者であり、マントヴァを文化中心都市として発展させた。ヴィンチェンツォは、作曲家クラウディオ・モンテヴェルディと画家ピーテル・パウル・ルーベンスを雇い入れた。彼は詩人トルクァート・タッソと友人であった。占星術師ジョヴァンニ・アントニオ・マジーニを、息子フランチェスコとフェルディナンドの家庭教師にした。

1603年から1604年にかけての冬、ガリレオ・ガリレイはマントヴァ宮廷を訪問し、給料のもらえる仕事を求めたが、ヴィンチェンツォに雇われなかった。ガリレイは金の鎖と2つの銀皿を与えられただけだった。

家族[編集]

1581年、マルゲリータ・ファルネーゼ(パルマ公アレッサンドロ・ファルネーゼの娘)と結婚。のち結婚無効を申し立てた。

1584年、エレオノーラ・デ・メディチフランチェスコ1世・デ・メディチの娘)と結婚。6子をもうけた。

また、マルゲリータ・ファルネーゼとの結婚が破れた後に、彼の男性としての能力を試す試験台になったジュリア・デリ・アルビッツィとの間にも息子が一人いた。

先代:
グリエルモ1世
マントヴァ公
1587年 - 1612年
次代:
フランチェスコ4世
先代:
グリエルモ10世
モンフェッラート公
1587年 - 1612年
次代:
フランチェスコ2世