エレオノーラ・マグダレナ・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレオノーラ・マグダレナ皇后

エレオノーラ・マグダレーナ・ディ・ゴンザーガ(Eleonora Magdalena di Gonzaga-Nevers, 1630年11月18日 - 1686年12月6日)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の3度目の皇后。ゴンザーガ家出身でマントヴァ公世子カルロ・ゴンザーガ=ネヴェルスの娘。

1651年、フェルディナント3世と結婚した。2人の間の子供は2女が成人した。