エレオノーラ・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレオノーラ・ゴンザーガ

エレオノーラ・ゴンザーガ(Eleonora Gonzaga, 1598年9月23日マントヴァ - 1655年6月27日インスブルック)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の2度目の妻で皇后。

ゴンザーガ家の出身で、マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世エレオノーラ・デ・メディチの娘。当時、きわだった美しさで有名な女性だった。1622年にフェルディナントと結婚したが、子はいなかった。

グラーツウィーンカルメル会の施設を建てた。

1655年、インスブルックで死去した。