ヨハン・ヴィルヘルム (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ヴィルヘルム

ヨハン・ヴィルヘルム(Johann Wilhelm, 1658年4月19日 - 1716年6月8日)は、プファルツ選帝侯(在位:1690年 - 1716年)。フィリップ・ヴィルヘルムと2番目の妃でヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世の娘エリーザベト・アマーリア・マグダレーネの長男。弟にカール3世フィリップ、姉に神聖ローマ皇帝レオポルト1世エレオノーレ・マグダレーネ、妹にポルトガルペドロ2世マリア・ソフィアスペインカルロス2世マリア・アナパルマ公子オドアルド2世ドロテア・ゾフィーがいる。

父フィリップ・ヴィルヘルムのプファルツ選帝侯位継承に端を発した大同盟戦争(プファルツ継承戦争)のさなかの1690年に父が死去したため、選帝侯位を継承した。戦争は1697年レイスウェイク条約の締結で終結し、ヨハン・ヴィルヘルムの選帝侯位はフランスにも承認された。

選帝侯位継承前の1678年に最初の妃、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の娘マリア・アンナ・ヨーゼファと結婚したが、1689年に死別した。1691年トスカーナ大公コジモ3世・デ・メディチの娘アンナ・マリーア・ルイーザと再婚した。2人の妃のいずれとも嗣子を残せず、選帝侯位は弟のカール3世フィリップが継承した。

先代:
フィリップ・ヴィルヘルム
プファルツ選帝侯
1690年 - 1716年
次代:
カール3世フィリップ