ゲオルク2世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルク2世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)

ゲオルク2世Georg II., 1605年3月17日 - 1661年6月11日)は、ヘッセン=ダルムシュタット方伯(在位:1626年 - 1661年)。ルートヴィヒ5世(信義伯)とその妃であったブランデンブルク選帝侯ヨハン・ゲオルクの娘マグダレーナ(1582年 - 1616年)の息子。

1605年3月17日、ダルムシュタットで生まれ、1626年にルートヴィヒ5世の死去によって方伯位に即いた。1604年に断絶したヘッセン=マールブルク方伯領を巡るヘッセン=カッセルとヘッセン=ダルムシュタットの争いは1627年に一応の解決を見たが、ヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム6世の母で摂政のアマーリエ・エリーザベト(1602年 - 1651年)はこれを不服として三十年戦争末期の1645年ヘッセン戦争を起こした。1648年まで続いたこの戦争により、ゲオルク2世は旧ヘッセン=マールブルク方伯領の北半分を奪われた。1661年6月11日にダルムシュタットで死去、長男のルートヴィヒ6世が後を嗣いだ。

子女[編集]

1627年ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世の公女ゾフィー・エレオノーレ(1609年 - 1671年)と結婚し、間に3男12女の計15人(うち娘1人は死産)の子女をもうけた。

先代:
ルートヴィヒ5世(信義伯)
ヘッセン=ダルムシュタット方伯
1626年 - 1661年
次代:
ルートヴィヒ6世