エレオノーレ・マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレオノーレ・マリア・ヨーゼファ

エレオノーレ・マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒドイツ語名: Eleonore Maria Josefa von Österreich, 1653年5月21日 - 1697年12月17日)は、ポーランドミハウの王妃、のちロレーヌ公シャルル5世の妃。ポーランド語名はEleonora Maria Józefa Habsburżanka。フランス語エレオノール・マリー・ドートリッシュ(Eléonore Marie d'Autriche)。

神聖ローマ皇帝フェルディナント3世と皇后エレオノーレの長女として、レーゲンスブルクで生まれた。

1670年、ポーランドミハウと結婚したが、同性愛者であったというミハウとの間には子供はなく、3年後に死別した。

1678年、ウィーナー・ノイシュタットでロレーヌ公シャルル5世と再婚し、6子をもうけた。

  • レオポール・ジョゼフ(1679年 - 1729年) ロレーヌ公
  • シャルル・ジョゼフ(1680年 - 1715年)
  • エレオノール(1682年、夭折)
  • シャルル・フェルディナン(1683年 - 1685年)
  • ジョゼフ(1685年-1705年)
  • フランソワ・アントワーヌ(1689年 - 1715年) 修道院長

エレオノールは44歳でリンツで死去し、ウィーンの皇室納骨堂に葬られた。