ルイ (ジョワイユーズ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョワイユーズ公ルイ

ルイ・ド・ロレーヌ=ギーズLouis de Lorraine-Guise, 1622年1月11日 - 1654年9月27日)は、フランスの上級貴族ギーズ公爵家の一員で、ジョワイユーズ公爵およびアングレーム公爵。ギーズ公シャルルとその妻のアンリエット・カトリーヌ・ド・ジョワイユーズの間の息子の1人。ギーズ公アンリ2世、ギーズ女公マリーの弟。

父がリシュリュー枢機卿との政争に敗れて亡命したため、イタリアフィレンツェで育った。1644年、家族と共に帰国を許されて間もなく王室侍従長(Grand chambellan de France)の地位を与えられた。ルイ14世の母后アンヌ・ドートリッシュの摂政政府は1647年、ルイに没収されていた所領を返還すると共に、ルイが母方から相続することになっていたジョワイユーズ公爵位を承認した。軽騎兵連隊を自費で組織し、1644年グラヴリーヌ包囲戦などの軍事行動に参加したが、アラスの戦いの最中の1654年4月22日に右腕を負傷し、その怪我が元で半年後に死去した。

1649年11月3日トゥーロンにおいてアングレーム公ルイ・エマニュエルの一人娘で相続人のフランソワーズ・ド・ヴァロワ(1631年 - 1696年)と結婚した。フランソワーズは精神を病んでおり、結婚後数年でエセイ(現在のブルゴーニュ地域圏コート=ドール県)の女子修道院に幽閉された。ルイは1653年に義父からアングレーム公爵位を相続すると同時に、ラ・ギーシュ公爵位(Duc de la Guiche)をも授けられたが、後者はルイの死と同時に廃された。息子ルイ・ジョゼフはジョワイユーズ公位を継承、アンリ2世亡き後のギーズ公位も獲得した。

子女[編集]

  • ルイ・ジョゼフ(1650年 - 1671年) - ジョワイユーズ公、ギーズ公
  • カトリーヌ・アンリエット(1651年 - 1656年)

参考文献[編集]

  • Jules Fériel,Notes historiques sur la ville et les seigneurs de Joinville (Paris: Ladrange, 1835), pp. 137, 144-146
  • Bibliothèque nationale de France, mss. Dossiers bleus, "Lorraine", 403, fol. 25
先代:
アンリエット・カトリーヌ
ジョワイユーズ公
1647年 - 1654年
次代:
ルイ・ジョゼフ
先代:
ルイ・エマニュエル
アングレーム公
1653年 - 1654年
次代:
消滅
先代:
アンリ2世
ウー伯
1654年
次代:
ルイ・ジョゼフ