シャルル9世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル9世
Charles IX de France
フランス王
CharlesIX.jpg
在位 1560年 - 1574年
戴冠 1561年5月15日
別号 オルレアン公:1550年 - 1560年
全名 シャルル=マクシミリアン
出生 1550年6月27日
フランスサン=ジェルマン=アン=レー、サン=ジェルマン=アン=レー城
死去 1574年5月30日
フランス、ヴァンセンヌ
配偶者 エリザベート・ドートリッシュ
子女 マリー・エリザベート
シャルル(庶子)
王家 ヴァロワ=アングレーム家
王朝 ヴァロワ朝
父親 アンリ2世
母親 カトリーヌ・ド・メディシス
テンプレートを表示

シャルル9世(Charles IX de France, 1550年6月27日 - 1574年5月30日)は、ヴァロワ朝第12代フランス(在位:1561年 - 1574年)。父はアンリ2世、母はカトリーヌ・ド・メディシスで、フランソワ2世の弟、アンリ3世の兄である。

生涯[編集]

幼少のころ結核に罹り、病弱であった。早世した兄フランソワ2世を継いで10歳で即位したものの、実権は母后であるカトリーヌに握られていた。プロテスタントであるコリニー提督を登用し、父以上に慕っていたが、1572年サン・バルテルミの虐殺でコリニーは暗殺され、シャルルはそのショックに耐え切れず、全員殺せと叫んでいたと伝えられている。黒幕は母カトリーヌであるとされたが、実際に虐殺の命令を出したのはギーズ公アンリとも言われる(シャルル9世説もある)。この事件で寿命を縮めたのか、2年後の1574年5月30日にシャルル9世は死去した。

1570年に神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の娘エリザベートと結婚し、サン・バルテルミの虐殺と同じ1572年に一人娘マリー・エリザベート(1572年 - 1578年)が生まれたが、5歳で夭逝している。

エイプリルフールの起源?[編集]

1564年にシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した(かつては3月25日を新年とした)。これに反発したフランス国民が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎを始めたために、シャルル9世は町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑することを命令した。フランスの人々はこの事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになった。これをエイプリルフールの始まりとし、シャルル9世がそのきっかけを作ったとする説があるが、起源としては確証を欠いているため仮説の域に留まっている。事実、エイプリルフールは現在も起源不明となっており、シャルル9世との関連性は無いとされている。


先代:
ルイ3世
オルレアン公
1550年 - 1560年
次代:
アンリ2世