クロード (ギーズ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギーズ公クロード

クロード・ド・ロレーヌ(Claude de Lorraine)またはクロード・ド・ギーズ(Claude de Guise, 1496年10月20日 - 1550年4月12日)は、初代ギーズ公(在位:1528年 - 1550年)。ロレーヌ公ルネ2世とその妻でゲルデルン公アドルフの娘であるフィリッパの間の次男。兄はロレーヌ公アントワーヌ

フランソワ1世フランス宮廷で教育をうける。17歳の時にクロードはブルボン家のヴァンドーム伯フランソワアンリ4世の曽祖父)の娘アントワネットとの結婚によって、フランス王室の同盟者となった。

クロードはマリニャーノの戦い1515年)において目覚ましい活躍をしたが、この戦いで彼が受けた22の傷が癒えるには長い月日を要した。1521年にはバスクオンダリビアの戦いに参戦し、この地の奪取に貢献したとフランソワ1世の母ルイーズからも賞賛された。1523年シャンパーニュ及びブルゴーニュを侵略した神聖ローマ皇帝カール5世の軍隊をヌフシャトーにて打ち破り、この地の統治者に任命された。1525年には、ロレーヌで勃発していた再洗礼派農民戦争を制圧した。

1528年にフランソワ1世がカール5世の捕虜から解放されて戻ると、クロードはギーズ公を授爵され、フランス貴族(Pair de France)の仲間入りを果たした。それまで公爵位のフランス貴族位を有するのは、王家の出自を持つ者だけに限られており、極めて異例であったといえる。ギーズ家は、その後もロレーヌ公の分家かつヴァロワ=アンジュー家の子孫としてブルボン家出身のコンデ公コンティ公に対する優位を主張した。

ギーズ家の人々のこうした野心や要求はフランソワ1世の不興を買ったが、それでもフランソワ1世はギーズ家のフランス王家への奉仕への見返りとして、土地や資金を豊富に与えた。クロードは1542年ルクセンブルク侵攻でも大活躍を見せたが、晩年は活躍を子供達に譲り、静かな余生を過ごしたという。

子供[編集]

ギーズ公の紋章

関連項目[編集]

先代:
ギーズ伯から昇爵
ギーズ公
1528年 - 1550年
次代:
フランソワ