アントワネット・ド・ブルボン=ヴァンドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギーズ公爵夫人アントワネット

アントワネット・ド・ブルボン=ヴァンドーム(Antoinette de Bourbon-Vendôme, 1493年12月25日 - 1583年1月22日)は、フランスの貴族ギーズ公クロードの妻。ヴァロワ朝後期のブルボン家の人物で、父はヴァンドーム伯フランソワ、母はサン=ポル女伯マリード・リュクサンブールである。スコットランドジェームズ5世の妃メアリー・オブ・ギーズの母、女王メアリーの祖母であり、またブルボン朝初代の王アンリ4世の大叔母に当たる。

1513年にギーズ伯(後にギーズ公となる)クロードと結婚し、長女マリー(メアリー・オブ・ギーズ)、長男ギーズ公フランソワを始め12人の子供をもうけた。三女ルネを除く全ての子供たちに先立たれた後、1583年に89歳の高齢で死去した。

子女[編集]