クロード (シュヴルーズ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュヴルーズ公クロード、1610年

クロード・ド・ロレーヌClaude de Lorraine, duc de Chevreuse, 1578年6月5日 - 1657年1月24日)は、フランスの上級貴族ギーズ公爵家の一員で、シュヴルーズ公爵。ギーズ公アンリ1世とその妻でヌヴェール公フランソワ1世の娘であるカトリーヌ・ド・クレーヴの間の息子の1人として生まれた[1]。ギーズ公シャルル1世、ギーズ枢機卿ルイの弟。

1611年にシュヴルーズ公に叙せられ、1621年に王室侍従長、1622年に王室鷹匠長となった。1625年にはイングランドガーター勲章を授けられた。1622年4月21日、リュイヌ公シャルルの未亡人で22歳年下のマリー・ド・ロアンと結婚し、間に3人の娘をもうけている。クロードはシュヴルーズ郊外のダンピエール城で暮らし、地味な生活を好み、王妃アンヌ・ドートリッシュの女官だった妻が繰り広げた様々な宮廷陰謀に関与することを避けていた。

子女[編集]

  • アンヌ・マリー(1624年 - 1652年) - ポントーダム女子修道院長
  • シャルロット・マリー(1627年 - 1652年) - 枢機卿の愛妾
  • アンリエット(1631年 - 1693年) - ジュアール女子修道院長

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2005年3月30日). “Claude, Duc de Chevreuse, Pr de Joinville”. Genealogy Index. 2012年4月8日閲覧。