アンヌ・ド・バヴィエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンヌ・ド・バヴィエール
アンヌ・ド・バヴィエール

アンヌ・アンリエット・ジュリー・ド・バヴィエール(Anne Henriette Julie de Bavière, 1648年3月13日 - 1723年2月23日)は、フランスの貴族コンデ公アンリ3世の妻。プファルツ=ジンメルン伯エドゥアルトプファルツ選帝侯フリードリヒ5世の息子、カール1世ルートヴィヒの弟)と妃アンヌの末娘として、パリで生まれた。オルレアン公フィリップ1世エリザベート・シャルロットは父方の従妹にあたる。

1663年12月11日、当時アンギャン公だったアンリと結婚、10子を生んだ。

アンヌは善良で思いやりがあり、信仰篤く控えめな人物だった。彼女は精神錯乱状態の乱暴で残酷な夫を支えた。親族であるマントヴァ公フェルディナンド・カルロの死により、アンヌは1708年にアルシュ=シャルルヴィル領(現在のベルギーアルデンヌ県)を相続した。