ルネ・ダンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクス=アン=プロヴァンス、ミラボー通りのルネ像
エクス大聖堂に飾られているフロマン筆のルネとジャンヌの画
タラスコンにあるルネの城

ルネ・ダンジュー(René d'Anjou, 1409年1月16日 - 1480年7月10日)は、ギーズ伯(1417年 - 1425年)、バル公(1431年 - 1480年、実際は1420年から)、ロレーヌ公(1431年 - 1453年)、ナポリ王(1435年 - 1442年)、アンジュー公(1434年 - 1480年)、プロヴァンス伯フォルカルキエ伯(1434年 - 1480年)、名目上のエルサレム王(1435年 - 1480年)、名目上のアラゴン王およびバルセロナ伯(1466年 - 1472年)などの位に就いた人物。ナポリ王としてイタリア語名で呼ぶとレナート1世(Renato I)であるが、イタリアよりもむしろフランスと縁が深く、フランス語名で呼ばれることが多い。ルネ1世(René I)、善良王ルネ(Le bon roi René)などとも呼ばれる。オック語名でレニエ(Rainièr)と呼ばれることもある。

生涯[編集]

アンジュー公ルイ2世と、アラゴン王フアン1世の娘ヨランド・ダラゴンの次男として、アンジェで生まれた。父の死(1417年)とともにギーズの領主となった。この地は姉マリー・ダンジューの夫であるフランス王シャルル7世によって伯爵領とされた。当時は百年戦争中であり、ルネはフランス王を支持する立場であったが、1425年にギーズは敵方のジャン・ド・リュクサンブールの領地となってしまった。

ルネは1420年にロレーヌ公シャルル2世の娘イザベルと結婚しており、1431年にロレーヌ公となった。結婚時には母方の大叔父であるバル公ルイが自らの領地をルネに譲っており、1430年からはバル公も名乗った。ロレーヌ公となった後にブルゴーニュフィリップ善良公と争い、幾度か虜囚の身となっている。

1435年には、ナポリ女王ジョヴァンナ2世の遺言でナポリ王位を継いだ。この正統性を巡ってアラゴン王アルフォンソ5世と争ったが敗北に終わり、ナポリ王位を手放す形で1442年にフランスに戻った。1445年に娘マルグリットイングランド王ヘンリー6世に嫁がせている。

1453年に妻イザベルが没すると、ロレーヌ公領は息子のカラブリア公ジャン(ロレーヌ公ジャン2世)に譲り、翌年ジャンヌ・ド・ラヴァルと再婚した。

エクス=アン=プロヴァンスやアンジェでは文学サロンを主宰し、自身でも幾つかの作品をものした。また、特にアヴィニョンでは画家ニコラ・フロマンの庇護者となった。彼は1460年から1470年頃にル・マンの司教座聖堂参事会員シモン・グルバンに『使徒行伝の謎』を発注した。

1480年にエクス=アン=プロヴァンスで没した。バル公領は、1473年に娘ヨランドを経てロレーヌ公を相続していた外孫ルネ2世に、プロヴァンス伯領とフォルカルキエ伯領は、甥であり1473年以降メーヌ伯だったシャルルに、それぞれ譲られた。他方でアンジュー公領はフランス王ルイ11世に召し上げられた。

子女[編集]

成人した以下の子女がいる。

関連項目[編集]

先代:
ジョヴァンナ2世
ナポリ王
1435年 - 1442年
次代:
アルフォンソ1世
先代:
シャルル2世
ロレーヌ公
1431年 - 1453年
イザベルと共同統治
次代:
ジャン2世
先代:
ルイ
バル公
1431年 - 1480年
次代:
ヨランド
先代:
ペドロ5世
アラゴン王
バルセロナ伯
1466年 - 1472年
次代:
フアン2世
先代:
ルイ3世
アンジュー公
プロヴァンス伯
1434年 - 1480年
次代:
シャルル5世(4世)
先代:
ギーズ伯
1417年 - 1425年
次代:
ジャン・ド・リュクサンブール