ルイ・ド・ロレーヌ (1641-1718)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ・ド・ロレーヌLouis de Lorraine, comte d'Armagnac, 1641年12月7日 パリ - 1718年6月13日 パリ[1] )は、フランスの貴族、アルマニャック

アルクール伯アンリとその妻のマルグリット・フィリップ・デュ・カンブの間の長男として生まれた。父の死後、その王室厩舎長の職を引き継いだ。1660年、ヴィルロワ公ニコラ・ド・ヌフヴィルの娘カトリーヌ・ド・ヌフヴィルと結婚し、間に14人の子女をもうけた。

  • アンリ(1661年 - 1713年) - ブリオンヌ伯
  • マルグリット(1662年 - 1730年) - 1675年、初代カダヴァル公爵ヌノ・アルヴァレス・ペレイラ・デ・メロと結婚
  • フランソワーズ(1664年生、夭折)
  • フランソワ・アルマン(1665年 - 1728年) - ロワイヨモン修道院長
  • カミーユ(1666年 - 1715年) - シャミイ伯
  • アルマンド(1668年 - 1681年)
  • イザベル(1671年生、夭折)
  • フィリップ(1673年 - 1677年)
  • マリー(1674年 - 1724年) - 1688年、モナコ大公アントワーヌ1世と結婚
  • ルイ・アルフォンス(1675年 - 1704年) - マラガの海戦戦死
  • シャルロット(1678年 - 1757年)
  • アンヌ・マリー(1680年 - 1712年)
  • マルグリット(1681年生、夭折)
  • シャルル(1684年 - 1751年) - アルマニャック伯

脚注[編集]

  1. ^ van de Pas, Leo. “Louis de Lorraine, Count of Armagnac”. Genealogics .org. 2010年3月1日閲覧。