マリー・ド・ブルボン=モンパンシエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ド・ブルボン=モンパンシエ

マリー・ド・ブルボンMarie de Bourbon, Mademoiselle de Montpensier, 1605年10月15日 - 1627年6月4日)は、ブルボン朝期のフランスの貴族。オルレアン公ガストンの最初の妃、またモンパンシエ公爵夫人(女公)。ヴァロワ朝以来続いたブルボン家の支流ブルボン=モンパンシエ家の最後の末裔である。

モンパンシエ公アンリ・ド・ブルボンの唯一の子供として生まれた。1608年に父が死去するとブルボン=モンパンシエ家の相続人となり、モンパンシエ令嬢(Mademoiselle de Montpensier)と呼ばれた。母アンリエット・カトリーヌ・ド・ジョワイユーズ英語版はその後、1611年にギーズ公シャルル1世と再婚した。

マリーは2歳の時にフランス王アンリ4世の次男のオルレアン公と婚約したが、オルレアン公は1611年に夭逝した。次いでその弟で新たにオルレアン公となったガストンと婚約した。

マリーとオルレアン公ガストンは1626年に結婚した。翌1627年、2人の間に1女アンヌ・マリー・ルイーズ(1627年 - 1693年)が生まれたが、その出産後間もなくマリーは死去し、サン=ドニ大聖堂に葬られた。