ニコラ1世 (ロレーヌ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコラ・ダンジュー(Nicolas d'Anjou)またはニコラ1世・ド・ロレーヌ(Nicolas Ire de Lorraine, 1448年 ナンシー - 1473年 同)は、ロレーヌ公(在位:1470年 - 1473年)。ジャン2世と妃マリー(ブルボン公シャルル1世の娘)の子。

フランス王ルイ11世の娘アンヌ・ド・ボージューと婚約していたが結婚は果たさず、庶子として一女マルグリットがいたのみであった。ニコラの死後、

ロレーヌ公国は叔母ヨランドとその子ルネ2世が相続した。

先代:
ジャン2世
ロレーヌ公
1470年 - 1473年
次代:
ヨランド