アンヌ・ド・ボージュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンヌ・ド・ボージュー(ジャン・エイ作, ムーラン大聖堂)

アンヌ・ド・ボージュー(Anne de Beaujeu, 1461年4月 - 1522年11月14日)は、フランスルイ11世と2番目の妃シャルロット・ド・サヴォワの娘。アンヌ・ド・フランス(Anne de France)とも。妹にルイ12世の最初の王妃ジャンヌ、弟にシャルル8世がいる。

1473年にブルボン公ピエール2世と結婚した。1483年に父ルイ11世が没すると、王位を継承した弟シャルル8世がまだ若年であったため、1491年まで夫とともに摂政を務めた。

ピエール2世との間に1男1女をもうけた。

  • シャルル(1476年 - 1498年) クレルモン伯
  • シュザンヌ(1491年 - 1521年) ブルボン公シャルル3世と結婚(共同で公位を継承)