ルイ12世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ12世
Louis XII
フランス王
Louis XII de France.jpg
在位 1498年4月7日 - 1515年1月1日
戴冠 1498年5月27日
出生 1462年6月27日
Flag of Île-de-France.svgフランス王国ブロワ城
死去 1515年1月1日
Flag of Île-de-France.svgフランス王国パリ
埋葬  
サン・ドニ大聖堂
配偶者 ジャンヌ・ド・フランス
  アンヌ・ド・ブルターニュ
  メアリー・テューダー
子女 クロード
ルネ
王家 ヴァロワ=オルレアン家
王朝 ヴァロワ朝
父親 オルレアン公シャルル
母親 マリー・ド・クレーヴ
テンプレートを表示

ルイ12世(Louis XII, 1462年6月27日 - 1515年1月1日)は、ヴァロワ朝第8代のフランス(在位:1498年 - 1515年)。シャルル5世の曾孫。「民衆の父」(le Père du Peuple)と呼ばれた。

生涯[編集]

シャルル5世の孫であったオルレアン公シャルルと3番目の妃マリー・ド・クレーヴの息子として、ブロワ城で生まれる。イングランドでの虜囚生活が長かったオルレアン公シャルルが67歳にして得た唯一の男子であった。1465年、ルイが2歳の時に父シャルルは死去し、ルイは幼くしてオルレアン公位を継いだ。

1476年、ルイ11世の娘ジャンヌと王命により結婚した。後に義弟シャルル8世に対する反乱に加担し、1487年から1490年まで投獄されたこともあるが、やがて王の信任を回復し、イタリア遠征に参加した。1498年シャルル8世が男系後継者なく急死すると、フランス王位に登った。

ルイ12世はブルターニュに対する野心から、時のローマ教皇アレクサンデル6世に頼み込んでジャンヌとの結婚を無効にしてもらい、シャルル8世の王妃で王太后となっていたブルターニュ女公アンヌと結婚した。2人は2女をもうけ、長女クロードは王位継承者フランソワ1世の、次女ルネフェラーラ公エルコレ2世の妃となった。

シャルル8世が失敗したイタリア戦争も再開し、1500年にはミラノ公国を征服した。さらにナポリ王国の分割にも一時は成功した。しかしナポリ王家の同族であったアラゴン王フェルナンド2世によって間もなくフランス軍は南イタリアから武力で追放される。またフランスのイタリア介入を嫌う教皇は各国に呼びかけて神聖同盟を結成、1513年にフランス軍はミラノから追い出された。

1514年王妃アンヌが死去すると、ルイ12世はイングランド王ヘンリー8世の妹メアリー・テューダーと結婚したが、3ヶ月後に自身が病死した。

男子がいなかったため、王位は従甥のアングレーム伯フランソワが継承した。最期の言葉は、「おお、私のかわいいクロード、クロード」。野心を持って娘クロードと結婚した娘婿フランソワを最後まで警戒していたという。

ルイ12世を扱った作品[編集]

 


先代:
フェデリーコ4世
ナポリ王
1501年 - 1504年
次代:
フェルディナンド3世
先代:
ルドヴィーコ・スフォルツァ
ミラノ公
1499年 - 1512年
次代:
マッシミリアーノ・スフォルツァ
先代:
シャルル1世
オルレアン公
1465年 - 1498年
次代:
王位に統合