ロベルト1世 (ナポリ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロベルト1世Roberto I, 1277年 - 1343年1月20日)は、アンジュー家ナポリ王(在位:1309年 - 1343年)。カルロ2世の三男。母はハンガリーイシュトヴァーン5世の娘マーリア。ロベルト賢明王(Roberto il Saggio)と呼ばれる。教皇党(グエルフィ)のリーダーと見なされていた[1]

略歴[編集]

ナポリ王に[編集]

1309年、父王カルロ2世の死によって即位した。このとき早世した兄カルロ・マルテッロの息子カルロ・ロベルトも有力な王位継承権者であったが、カルロ・ロベルトはハンガリー王(カーロイ1世として即位)となるのに忙しく、ナポリ王位には興味を示さなかったため、ロベルトがロベルト1世としてナポリ王位を継承した。なお、ジャック・ドゥーズ(のちの教皇ヨハネス22世)はロベルト1世の秘書を務めていた時期がある[1]

アカイア公国をめぐる活動[編集]

アカイア公国の支配権はロベルトの次弟ターラント公フィリッポが保有していたが、フィリッポの死(1313年)の後、イザベル・ド・ヴィルアルドゥアンの娘マオー・ド・エノーが夫ルイ・ド・ブルゴーニュとともに獲得していた。ロベルトは、ルイが1316年に死去したことを好機として、翌1317年、マオーをイタリアに連行し、自分の別の弟グラヴィナ伯ジョヴァンニとの再婚を要求した。しかしマオーはこれに応じず、しかも貴族ユーグ・ド・ラ・パリッスと密かに結婚していた。

ロベルトはこれに激怒し、マオーからアカイア公位を剥奪して投獄すると、自らアカイア公を兼位した。当時、神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世がイタリア政策によってイタリア半島に遠征していたが、ロベルトはこの対応に忙殺されたため、1322年、ユーグを大逆罪で処刑して後顧の憂いを断ち、そののちジョヴァンニにアカイア公位を譲った。

人物[編集]

人物像[編集]

政治家でもあったフィレンツェ出身の文人ダンテ・アリギエーリは、グエルフィの指導者と目されていたロベルト1世について、「口先だけの王様」と断じている[1]

家族[編集]

1297年にアラゴンペドロ3世の娘ヨランダ(1273年 - 1302年)と結婚し、2男をもうけた。

1304年にマヨルカジャウメ2世の娘でヨランダの従妹にあたるサンチャ(1285年頃 - 1345年)と再婚したが、子供は生まれなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • P.G.マックスウェル・スチュアート 『ローマ教皇歴代誌』 高橋正男(監修)、月森左知・菅沼裕乃(訳)訳、創元社、1999年12月。ISBN 4-422-21513-2

関連項目[編集]

先代:
カルロ2世
ナポリ王
プロヴァンス伯

1309年 - 1343年
次代:
ジョヴァンナ1世
先代:
ルイ・ド・ブルゴーニュ

マオー・ド・エノー(共治)

アカイア公
1318年 - 1322年
次代:
ジョヴァンニ・ディ・グラヴィナ
執筆の途中です この「ロベルト1世 (ナポリ王)」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア