マリア・ドゥンゲリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ドゥンゲリア

マリア・ドゥンゲリア(Maria d'Ungheria, 1257年頃 - 1323年3月25日)は、ナポリカルロ2世の王妃。ハンガリーイシュトヴァーン5世と王妃エルジェーベトの娘。ハンガリー名はマーリア(Mária)。

1270年にシチリアカルロ1世(当時まだシチリアを支配していた)の嗣子であるカルロと結婚した。なお、前年の1269年にはマーリアの弟ラースロー4世がカルロ2世の妹イザベッラと結婚している。

カルロ2世との間には14子が生まれた。

マリアの弟ラースロー4世は1290年に暗殺され、嗣子がいなかったため、マリアの長男カルロ・マルテッロが叔父の王位継承を主張してアンドラーシュ3世と争ったが、王位継承を果たせずに早世した。しかしその息子カルロ・ロベルト(カーロイ1世)は、アンドラーシュ3世が死去してアールパード朝が断絶した後、最終的にハンガリー王として戴冠を果たした。

執筆の途中です この「マリア・ドゥンゲリア」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア